シャフト株式会社

パズルに最適な写真の撮り方

あなたのお気に入りのお写真から、
オリジナルジグソーパズルを製作します

パズルに最適な写真の撮り方

オリジナルジグソーパズルをご注文後、お客さまには必ず、良い画像の選び方をご覧いただいております。ご入稿いただくお写真の質によって、パズルの仕上がり具合がだいぶ変わってくるためです。

写真の綺麗さはパズルの仕上がりに影響

そのため、少しでも品質の高いパズルに仕上げることができるよう、お客さまには上記ページをご参照いただいておりますが、これは複数枚の写真候補の中から、よりパズル向きの写真を選ぶための知識・情報です。撮影後の写真の中から、よりパズル向きのお写真を選ぶ方法、ということです。

しかし、これからオリジナルジグソーパズルを製作することが決まっており、そのために写真を撮影しようとした場合には、また違った視点を持つことができます。本ページでは、オリジナルパズル向きの写真撮影方法をご紹介したいと思います。

写真の明るさを決める環境

基本は外で撮影

まず写真を撮る場所ですが、大きく分けると「室内」と「室外」があります。その時の天候や時刻、背景など様々な要因があるので一概に決めつけることはできないのですが、それでもあえて申し上げるなら、やはり室外のほうが、よりパズルに向いた写真と言えます。

パズル用写真の重要な要素の一つに「明るさ」が挙げられます。パズル用にプリントすると、お写真は元々の画像より若干暗めに仕上がることが多くあります。そのため、撮影段階で明るく撮ることができる外の方が、無理に明度を上げなくとも、自然に明るい写真の撮影が可能となります。

時間を選べるなら、11時前と13時以降に撮影

撮影する時間帯を決めることは難しいと思いますが、もし決めることができるのであれば、9時~11時頃、もしくは13時~15時頃が良いでしょう。季節や地域によって異なりますが、太陽はおよそ正午頃(11時30分~12時頃)に真上にきます。

iPhoneで撮影する時の明度変更方法

上記のグラフは、国立天文台で公開されている時刻を参考に、独自にまとめた「月別の太陽が真上に来る時刻」です。

この太陽が真上に来る時間帯に人物を撮影すると、頬骨や眉、華や口などの影が真下に向けて強く出て、全体的に暗いイメージの写真になってしまいます。従って、それ以前の9時~11時頃。もしくは13時~15時頃が、外で人物を撮影する時の狙い目となります。これよりも遅くなりすぎると、日が落ちてオレンジ色の強いノスタルジックな写真に近くなってしまいます。

カメラの機能で明度調整

撮影する機器(スマホ、デジカメ)を操作して、強制的に明度調整をすることも可能です。例えばiPhoneの標準カメラであれば、カメラアプリを起動後、画面上をタップすると太陽のようなアイコンが表示されます。このアイコンを上下にスライドすることで、明度を変えることができます。

iPhoneで撮影する時の明度変更方法

明度調整の方法は、使用する機器やOS、アプリ等によって異なりますが、多くの場合、明度の調整は太陽っぽいアイコンになっていると思いますので、探して調整してみてください。

スマホで撮影する時の明度変更方法

なぜ明度調整の方法について、ここまで詳しくご説明しているかというと、写真において明度はそれだけ重要な要素だからです。例えば、以下の2枚の写真をご覧ください。

明度を変えた枚の写真比較

全く同じ被写体を、同じ時刻、同じ機材、同じ環境で撮影したものです。唯一違うのは、左側は明度調整をせずに撮影したもので、右側は明度だけ若干上げて撮影した写真になります。左側は全体的に暗いイメージになっていますが、明度を補正した右側は、被写体の素材感まで伝わるほど、鮮明に写っています。明度をいじるだけで、ここまで写真は変わってきますので、ぜひお使いの機器でお試しになってみてください。

写真の構図

写真の端に被写体を置かない

シャフトのオリジナルジグソーパズルは、パズル製作の段階でお写真の上下左右数ミリ程度が裁断されます。そのため、被写体を写真の端ギリギリに置いてしまうと、パズルにした時に切れてしまう可能性があります。以下の写真をご覧ください。

被写体を写真の端に配置した状態

撮影しようとしている写真の左右ギリギリのところに、お顔があります。このような写真の場合、パズル製作時に裁断されてしまう可能性があるため、オススメできません。

被写体全体が無理なく撮影できる状態

こちらのお写真のように、被写体の全体が無理なく全体的に写っているお写真であれば、断ち切れてしまう可能性が少ないので、オリジナルパズルに適した写真と言えます。

写真のファイルサイズ

カメラの解像度を設定

お写真をオリジナルジグソーパズルにする場合、もう一つ重要なのが画像のサイズです。

画素数とか画像解像度という専門用語は苦手な方もいらっしゃるでしょうから、極めて単純にお伝えをすると、スマホやデジカメで撮影された写真には、データサイズというものがあります。このサイズが大きければ大きいほど、鮮明に印刷することが可能になります。

お手持ちのスマホアプリやデジカメの設定をご確認いただき、写真を保存する時の画像解像度が低い場合には、ある程度高くしてあげると良いでしょう。因みにiPhoneの純正カメラアプリの場合は、常に最高解像度で保存される仕様で、解像度の設定は変更できないようになっています。

写真を送信時に実際のサイズで

オリジナルパズルご注文後、お写真をメールでお送りいただくことになります。画像データを送信する環境にもよりますが、例えばiPhoneから写真を添付送信しようとすると、以下のような確認画面が表示されます。

写真送信時に最高解像度で

このように、写真送信時にファイルをリサイズする機能がついている場合は、必ず実際のサイズ(最高解像度)の状態で送信してください。小・中・大などに圧縮してしまうと、せっかくのきれいな写真が圧縮された状態で送られてしまいますので、ご留意いただければと思います。

良い写真が撮れたら、オリジナルパズルに!

いかがでしたか? オリジナルジグソーパズルに適した写真の撮影方法について、ご参考になりましたでしょうか。

さぁ、ここからが本番です! 良い写真が撮影できたら、いよいよその写真を、世界に一つしか無いオリジナルジグソーパズルにしてみましょう!

・・・と言っても、パズル作成は専用のプレス機が必要な話になりますので、ここから先はシャフト株式会社が責任を持って、製作させていただきます。お客さまはパズルご注文ページからご依頼いただき、メールでお写真を送信するだけ。あとは弊社の熟練職人たちが、心を込めて最高のパズルに仕上げさせていただきます。

皆さまからのご注文と素敵なお写真、お待ちしております!

ジグソーパズルのコツ 特集一覧

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

あなたの好きなお写真を使って、世界にひとつだけのオリジナルジグソーパズルを作成致します!既製品とは異なり、記念品やプレゼントにも喜ばれる最高の商品を、ぜひご覧ください!

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.