白水滝吊橋(水上村)

熊本県球磨郡水上村と言えば、市房山や、市房山キャンプ場市房ダム、そして湯山温泉などが有名ですが、少し足を伸ばせば、滅多に見ることができない、熊本県最長を誇る、すごい吊橋を見ることができます。白水滝にかかる、白龍王橋と、白龍妃橋という、二本の大きな吊橋です。

白水滝へは車で訪問

吊橋へは、村内からある程度距離がありますので、必ず車で行きましょう。「熊本県球磨郡水上村江代1362」の住所へ行けば、こちらのような大きな駐車場がありますので、ここに車を停めて、あとは歩いて進みます。

入り口には巨大な石碑が。

かなり古びていますが、白水滝周辺の遊歩道マップもありました。

そして、こちらにトイレが設置されています。先に進んでしまうとトイレはありませんので、事前に用を済ませておくと良いと思います。

いざ、大吊橋へ

さあ、いよいよ大吊橋へ向けて進んでいくことになります。こちらが、白水滝公園、大吊橋の入り口になります。

入り口を入ると、すぐに気づきますが、かなりの山道、しかも下り坂です。

ある程度整備されているところもありますが、中には階段がなく、自然の樹木と土のみの山道もあり、身体の不自由な方には厳しい箇所もいくつかあります。健康な方でも、靴はしっかりしたものを履き、足元には十分気をつけましょう

蛇の神様を奉る白水阿蘇神社があるくらいですので、たまにヘビも出ます。

白龍妃橋

入り口から歩くこと、10分程度。ついに、白龍妃橋(はくりゅうひばし)に到着しました!

見てください、この真っ直ぐでキレイな大吊橋。橋の長さは120m

しかも白龍妃橋の方は、木の板と透明な板が交互に並んでいるため、下が薄く透けて見えています。

白水滝は、「雄滝」と「雌滝」に分かれており、白龍妃橋から見えるのは雌滝の方です。雌滝は、その落差が150m

吊橋から少し身を乗り出してみると、目が眩むような高さです。

しかし、遮るものは何もないため、景色は絶景そのもの。

遠くの山の稜線まで見渡すことができ、晴れた日ならとても気持ちの良い場所です。

白龍王橋

白龍妃橋を渡りきったら、左右に道が別れていますので、右方向へ進みましょう(左へ進んでしまうと、駐車場に戻ってしまいます)。

途中、小さな橋もありますが、気にせずにどんどん進んでいくと、トンネルがあります。

このトンネルを抜けたら、そこが白龍王橋です!

白龍妃橋と同じく、まっすぐで綺麗な大吊橋です!白龍王橋の長さは、さきほどの白龍妃橋よりもさらに長い、164m

白龍妃橋は、木の板と透明な板が交互に並んでいましたが、白龍王橋の方は、基本的にはほとんど木の板です。ただし、吊橋の中央部分だけは、何枚か透明な板が並んでいますので、ここから下を眺めることができます。

白龍王橋から望めるのは、白水滝の「雄滝」。雄滝も、落差が約100mあります。

自然の雄大さを、体全身で感じることができます。

もちろん、白龍王橋からの眺めも絶景!

ちなみに白龍王橋を渡り切ると、このような螺旋階段があります。

螺旋階段をあがると、橋にいた時よりもうちょっとだけ高い場所から眺めることができますが、柱や手すりが邪魔して、それほど景色が良いというわけではありません。

ここからさらに先に進もうとしても、ご覧のとおりの通行止め。

道が崩れてしまっており、先へ進むことはできませんので、ここからは最初の駐車場まで引き返しましょう。

水分の購入を忘れずに

なお、白水滝の入口や駐車場を含め、自動販売機の設置がありません。そこそこの距離を歩くことになりますので、特に暑い日などは熱中症が心配です。

白水滝駐車場を目指す途中に、何箇所か自動販売機の設置がありましたので、事前に人数分の飲料水を購入しておくことを、お勧めします。楽しく、そして安全に白水滝の大吊橋を楽しんでくださいね。

その他の水上村の情報については、熊本県球磨郡水上村のページをご覧ください。

  • 名称:白水滝の吊橋(白龍王橋、白龍妃橋)
  • 住所:熊本県球磨郡水上村江代1362
  • 電話:0966-44-0312(水上村役場)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする