宇宙海洋葬

ご遺骨を遺灰になるまで焼く「焼き切り」について

投稿日:

皆さん、亡くなった方を火葬場で火葬するということは、よくご存知だと思います。火葬することで、形のわかるご遺骨になるのですが、この御遺骨を通り越し、さらに強い火力で灰になるまで焼くことを、焼き切りと言います。

骨壺の引き取り等を希望しない場合に選択される、あまりメジャーではない方法です。今回はこの焼き切りについて、詳しくまとめてみました。

もちろん宇宙海洋葬として海洋散骨する場合も、ご遺灰の状態で散骨しますが、弊社では焼き切りでなく、一般的な粉骨化で処理をしております。

-宇宙海洋葬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

自然葬にはどんな種類がある?代表的な自然散骨とその特徴をまとめました

昨今、急激に人気が高まっている自然葬、自然散骨。この言葉は既にたくさんの方々に使われる有名な言葉になりましたが、では自然葬とはどのようなものでしょう。皆さんはご存知ですか? 実は有名な樹木葬をはじめ、 …

世界で一番深い海はどこ?その水深はどれくらい?

皆さん、世界で一番深い海はどこにあるかご存知ですか?マリアナ海溝はとても有名ですが、そのマリアナ海溝の中でも、最も深い深度をもっているのが、チャレンジャー海淵と呼ばれる場所です。 では、そのチャレンジ …

風船のことをなぜ「風船」と呼ぶか、ご存知ですか?その由来、語源についてまとめました

皆さん、これまでに風船を手にとったことは、何度もあると思います。「風船」という言葉を口にしたことも、これまでに何度もあることでしょう。 しかし、なぜ「風船」と呼ばれるようになったのかは、ご存じないので …

分かりづらかった宇宙海洋葬の流れを図にしてフローをまとめました

宇宙海洋葬は、いくつかのステップをもって実施させていただくものですが、これまでは文章を主にして説明を記載しておりましたので、若干分かりづらかったようです。そこで、このフローを図にして視覚的に分かりやす …

バルーンの歴史!風船はいつ作られるようになったの?

今回は、宇宙海洋葬で使用するメインの道具である「バルーン」に注目しました。バルーンは一体、いつ頃作られるようになったのでしょうか。 古くは、動物の腸などに空気を詰めたものもありますが、史実として残って …