犬用階段(ステップ)

数日前に愛犬用の階段(ステップ)を購入いたしました。

■階段(使用用途)

主に愛犬用として販売されている階段は【ベッドやソファに登り降りするためのステップ用品】として販売されています。

■階段反対派

人間と同じ高さのものに乗るという行為自体をあまり良しと思っていなかったため、私は基本的に愛犬がベッドに乗る事を禁止していました。

それでも色々な書物や、ウェブ上にある解釈を確認し、【私が許可をした場合だけ乗って良い】というルールを取り決め、そのように躾けておりました。

■ルール違反

結果それは表面上守られていて、愛犬は私が手を差し伸べない限りベッドに乗りません。

・・表面上は(笑)。

私がでかけた後、室内カメラで確認すると・・・登っている(泣)。どうやら【私が家にいる場合は自らはベッドに登らない】というルールを勝手に設けているようです。

帰宅すると鍵を開ける音に反応し、すでにベッドから降りてしまっているため、注意もできません。

■膝蓋骨脱臼

トイプードルなどの小型犬によく見られる足のトラブルがこの膝蓋骨脱臼です。要は膝のお皿部分の脱臼です。飼い始めから既にお医者様に【この子は関節が弱いね。トイプードルにはありがちだけど】と言われてはいました。

■対処法

散歩に行く際もエレベーターを使わず階段なのですが、必ず私が抱きかかえて登り降りします。その他段差の激しいところも抱きかかえるなど注意していたのですが、不在時に勝手にベッドに登り降りされてしまうと対処のしようがありません。

膝蓋骨脱臼や骨折の一番の要因がベッドやソファの登り降り時という事なので、これは困ったと思い、色々調べた結果、階段を購入することにいたしました。どうせ私が見ていないところでベッドに登ってしまっているのであれば、怪我をされるよりは階段を使わせて、怪我のリスクを避けようという考えです。

■届いた商品

そして届いた階段がこちら。

ベッドの上から見たところ。

3段型の階段です。意外と軽い。体重が重くないので乗った時に滑るようなことはなさそうですが、多少重かったり大きい子だと注意が必要かも知れません。

■訓練

さて、いきなり階段を設置したところで、普段の登り降りに不便を感じていなければ、愛犬も使用はしてくれません。

今まで【勝手に登るな】という躾だったのが、【登り降りはこの階段を使用しなさい】に変わることになります。無論そんな言語を理解できませんので、行動と短い言葉で伝えていくことになります。

・・ただの障害物程度にしか思っていなそうです(笑)。初見は匂いを嗅いだり、前足で触ってみたりと物珍しげでしたが、数分で興味0になりました。

私がベッドに乗って撮影しているため、そんなことより 私も早くベッドに上げてくれといった感じの表情・・・?

お・・・?

ちょっと階段に手をかけてくれました。

こんな感じで、実際に無理やり乗せてみて登り降りさせて褒める、階段を使って登ったら褒める、降りたら褒める、・・・を最近ひたすら繰り返し練習しております。

結果、現在は降りる際は階段を使ってくれるまでになりました。ただし登る時は私の許可を待っています。私が最初にそう躾けてしまったのでしかたないと言えば仕方ないのですが、私がいない時に階段を使って登ってくれているのかは不明です。降りる時もインターホンが鳴ったりするなどして興奮して降りる際は使ってくれません。

気長に、でも足を痛める前に早めに習慣づいてくれるといいなと思っています。

■ペットの写真をジグソーパズルに

一生懸命にこちらの伝えたいことに対して耳を傾けてくれている(であろう)姿はとても愛らしく、できた時はこれでもかと褒めてあげたくなります。

そんな愛らしいペットの姿を、オリジナルジグソーパズルにしてみてはいかがでしょうか。

このように気に入った画像に対して文字入れをして、オリジナル性を高めることも可能です。彼氏彼女に、ご両親やご祖父母に、お誕生日の時にHappy Birthdayと文字入れしてプレゼントしても素敵ですね。

ご自身へのご褒美に、大切なかたへの贈り物にぜひご検討ください!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする