深大寺でお散歩がてらお蕎麦を食べてきました

以前、梅が咲き始める季節ですというブログを書き、その際に深大寺の南門あたりで梅を撮影したと記載をいたしました。元々は飼い犬と自分、母と散歩がてら美味しいお蕎麦を食べに行こうという話だったので、今回はそちらの事を記載したいと思います。

鈴や

歩いて行くには少し遠いため、実家の最寄りのバス停からバスに乗って調布の深大寺小学校前まで。バスの中は抱っこでは勿論入れないため、飼い犬はキャリーバッグの中。大人しくしていてくれました。降車後、バッグから出したら元気に歩き始めました。最近はあまり見慣れない場所でも楽しそうに歩くようになってきたので本当に嬉しいです。

お目当てのお蕎麦屋さんは、父と母がよく行くという【鈴や】。よくそばがきを食べながら一杯やっている父の写真が送られてくるため、一度食べてみたいと思っていました。深大寺には何度か来ているのですが、たまたま定休日だったり、ご飯を食べたあとだったりとタイミングが合わなかったので楽しみです。

案内所で深大寺のマップをいただきました。

ご本堂等、全て周るとすると、少し時間がかかるかも知れませんね。

目的の鈴やさんはここ。下の方の赤い丸がついたところです。早い段階で家を出たため、さすがにまだお腹も空いていないから、もう少し散歩しようという事になりました。

この地図でいうと鈴やさんから北上。そしてぶつかる1つ目の大きな横道をブラブラ。おせんべいを売っているところが多いです。そば粉でつくったおもちやお団子等もあり、香ばしい香りがそこらじゅうからします。

一休庵というお店の前をとおりました。この日はお休みだったようです。

水車とたぬき・・・なんだか雰囲気のあるお店です。今度行ってみたいな~。愛犬は大きなたぬきにはじめびっくりしていたようです。

以前、大きな犬の置物が飾られているお家の前を通ったときにも一瞬びくっとなっておりました。すぐに生き物ではないと気がつくようですが、こういった動物をモチーフにした置物を見た瞬間は毎回驚いています(笑)。

こちらは雀のお宿というお店。なんとも風情のある門構えです。中が見えないのでちょっと敷居が高い雰囲気はあるかも・・・でも、中は見たことはないけれどなんだか素敵な古民家といった感じですね。こちらも一度入ってみたいです。ちなみに名前はお宿ですが宿泊施設ではなくお蕎麦やさんです。深大寺小学校の通り側にあります。ここを最初の方に通り過ぎて歩いて行きました。

ちょろちょろと写真を撮ったり、池の魚を見たりしながら歩き続けると、地図でいう中央よりの少し左下辺りで水神苑にぶつかります。

この道の先です。遠い・・・。母はリードを引っ張られたようでスタスタと小走りで先に進んでしまったため、置いていかれました(笑)。

水神苑はおそばもあるようですが、懐石・会席料理と書いてあり、そちらがメインのお店のようでした。

深山茶屋

さて、水神苑を正面に見て右に折れると、山への上り坂のように見えます。ハイキングコースかなと思いつつ、途中まで近寄ってみたところ

左側に階段を発見。そして右側にちらっと看板が見えます。

拡大。深大寺そば 深山茶屋← と記載されています。「こちら側には来たことなかったなー」と母。せっかくここまで来たので階段をあがってみます。

頑張れ頑張れ。それにしても母がいると両手が空くため、愛犬の写真が撮り放題なので嬉しいですね。

見えてきました。木のトンネルを抜けた先に建物が見えます。あれがそうでしょうか。何だか秘密の場所みたいでテンションが上がります。ここで母が驚きの一言。「犬連れて入れるか階段上がって聞いてきて」・・・え?鈴やは?もしかして疲れたから座りたい感じ?

・・・まぁ愛犬の散歩も付き合ってもらっているし、ここは逆らわないでおきました。

はい、たしかにここが深山茶屋で合っているようです。お店の方にお声をかけたところ「テラス席でしたら問題ないです」と笑顔でお答えいただきました。

結局今回はこちらでお蕎麦をいただく事となりました。とことん私は鈴やさんとご縁がないようです(笑)。またの機会にとっておきましょう。

母がとろろそば、私がおろしそば。両方ともざる(冷)を注文。単品でかきあげも1つずつ。こちらのお店のお品書きにもありましたし、父がよく食べていて美味しそうだったのでそばがきを一度食べてみたかったのですが、母に「多分食べられない。おそばの量を見てから決めなさい」と言われました。

到着。多すぎるということはありませんが、まぁ決して少なくない量のおそばです。そしてお蕎麦よりもかき揚げのボリュームが目を引きます。かなり厚みのあるかき揚げです。

愛犬は景色をみて、たそがれています。こういうお店で粗相はしませんが、もちろん下には持ち込んだ犬用手作りカフェマット(以前カフェマットの作成を決意でご紹介しました)を敷いて座らせています。撮影目的ですので、この後は降りて足元にいてもらいました。犬OKとは言え、専用のドッグカフェとかではないですからね。

さて、お蕎麦をいただきます。母のとろろにも私のおろし(大根)の方にもたっぷりと青のりが入っています。ネギじゃなくて青のり?ネギやわさびの薬味も別でついていましたが、ちょっと珍しいなーと思いつついただきました。

ん、これは美味しい!!このおろしそば、ヒットです。青のりたっぷりなのでお蕎麦の風味とか消えないの?どうなの?とか思っておりましたが、これはなかなか。母はどのお店でもとろろを好んで頼んでいるようですが、私のおろしそばを一口あげたところ、これは美味しいと言っていました。自宅に帰った際にも父におろしそば美味しかったと言っていたので、母も気に入ったのでしょう。

大根おろしが爽やかなのでするすると入っていきます・・・が、やはりかき揚げがネック。ネックと言っては失礼ですね、自分たちで頼んだのだし。お味も美味しいです。ですが、2人で1つでじゅうぶんでした(笑)。かなり満腹になりながら終了。

と思いきや、そば湯をいただいたので、つゆに入れていただき、締め。美味しかった。はじめに温かい緑茶も出してくださったのですが、そちらも飲み終わるであろう頃におかわりを注ぎに来てくださるなど、細やかなサービスでした。

帰りにお店のテラス席を撮らせていただきました。

他のお客様もいらしたため、全体図が撮れず、一部分なのでわかりづらいかも・・。とても良い茶屋さんでしたので、深大寺に行かれた際は候補の1つに入れてみてください。

御本堂

食べ終わって満腹・・。腹ごなしにしばし歩きます。

ぷりぷりと尻尾をふって歩いています。かわいい。私が住んでいる府中もそうですが、多摩の辺りは緑が多くて本当に環境に恵まれているなーと思います。

途中のお花屋さんなどを見つつ、ご本堂へ。

お参りをすませて、帰路へ。深大寺はご本堂以外にもたくさんのお堂があるので地道に通い、少しずつ周っていきたいと思います。

帰路にあったあめやというお店。門構えが広く、道行く人に向けて、あんず飴やらおせんべい、そば粉のおまんじゅうのようなもの、お団子、ちまき等、様々な物を販売しています。私たちはお団子を2本購入。

え?食べた直後なのに?!という感じですが、小さめだったし・・・お醤油のいい匂いしてたし・・。

最後にバス停近くの鬼太郎茶屋で。

せっかくだからねずみ男と鬼太郎の前で・・って言ったのに、完全に鬼太郎が隠れています。主人公なのに・・・。愛犬もそっぽを向いているし、微妙な写真(笑)。この後鈴やさんで、表に出ているおせんべいをいくつか買いました。すみません、今度はお蕎麦食べに来ます。

時間にしたら3時間も無い程度でしたが、とても充実したお散歩とランチでした。

巡った場所をジグソーパズルに

深大寺は歩く場所も綺麗に整備されていて、見る所もたくさんあります。食べ歩きもできますし、お土産も美味しい。勿論深大寺そばも堪能できる。また、私にとって一番なのはワンちゃん同伴OKのお店がとても多い点ですね。きれいな景色を見ながら散策、お腹すいたらお蕎麦と、とても贅沢な気分が飼い犬と一緒に味わえる場所はなかなかありません。ワンちゃんを飼っている方でしたら一度はお立ち寄りいただいても後悔はないと思います。

せっかくたくさん写真を撮ったので、今回撮影したお写真をジグソーパズルにしてみました。

自然に囲まれた美しい場所での愛犬とのお写真。ぜひ上のように、オリジナルジグソーパズルにしてご自宅に飾ってください。プレゼントにもオススメです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。