シャフト株式会社

機体用発泡スチロール

風船を成層圏まで打ち上げ、
地球を背景に撮影する企画

機体用発泡スチロール

スペースバルーンには、打ち上げ用の風船の他に、様々な機材が必要になります。撮影用のデジタルカメラ、GPS発信用トランシーバー、パラシュートなど。これらを一つにまとめ、かつ落下時の衝撃を緩和するために、発泡スチロールで機体構造を製作する必要があります。

過去に製作した機体は、機体紹介ページをご参照ください。

機体形状は、球型、円柱型、立方体など様々な形で製作できますが、打ち上げ経験を重ねてベストな形状を模索していく必要があります。

スペースバルーン用発泡スチロール
Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.