野川の桜(調布市)

4月6日のお昼に深大寺へおそばを食べに行きました。自転車で向かったのですが、少しいつもとルートを変えて、野川に沿って行ってきました。

野川

野川は全長20kmほどで国分寺市から始まり、最終的に二子玉川から多摩川に注ぐ東京の一級河川です。弊社がある調布市にも流れているのですが、その調布市の佐須町付近には約600mほどの桜並木があり、お花見スポットとして人気を博しています。

以前は地域の知る人ぞ知る、といった感じだったのですが、TVで取り上げられたりしてクローズアップされ、桜の時期はかなりの人数で賑わう遊歩道になりました。

ライトアップ

常にライトアップしているわけではなく、【今日が満開】という日の夜数時間だけライトアップされる期間限定の【ライトアップされた夜桜】を見ることができるため、その時間帯は2万人もの花見客が訪れます。

株式会社アーク・システムという照明機材の会社とボランティアやグループ団代の方々が無償で提供してくださっているライトアップです。

両岸に咲く桜並木

人混みが苦手なもので、夜桜はとても興味があるのですが、今回は昼間に楽しんできました。明るいうちは夜桜とはまた別の風情があります。青い空の下、輝く桜並木もとても綺麗です。

両岸から野川に向かってしだれている桜がとても美しかったです。しばらく自転車を降り、押しながら歩いておりました。

自転車に再度乗り直してから漕ぎ出した後、川沿いに菜の花が咲いているところも多々あり、菜の花と桜のコントラストもとても素敵でした(自転車が邪魔になってしまい写真は撮れず)。

お花見のお写真をジグソーパズルに

関東あたりまではそろそろ桜が散ってきてしまっています。また来年を楽しみにしたいと思いますが、お花見を楽しまれた方はスマホやデジカメを持ち、きっとたくさんご撮影いただいたのではないでしょうか。

スマホの中に画像を入れておいていただくのも勿論良いですが、ぜひ弊社のオリジナルジグソーパズルという形あるものにして楽しまれてみてはいかがでしょうか。

風景のお写真でも良いですし、皆さんで楽しく桜の木の下で宴会をされているお写真でも素敵だと思います。

弊社オリジナルのアクリルフレームや木製フレームに入れて飾っていただければ、常に目にしていただけるのでいつでも春の楽しい記憶が蘇ることと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする