正面でない構図の写真をジグソーパズルにしてウェルカムボードに

【インスタ映え】という言葉もできましたが、最近”あえてはずしている”アーティスティックなお写真がネット上に多く、また弊社へのご注文でも見受けられるようになりました。

あえてはずすとは、【正面を向いて写っていない】【視線がカメラ側に無い】【被写体のお顔がそもそも写っていない(部分的)】【色みをセピアやシャビーに加工】等、少し前では”失敗してしまった画像”であったり”プロが撮る画像”と区分されていたような画像です。

通常素人が撮ると難しいものでしたが、今では技術も発達し、良いカメラでそういった機能が盛り込まれたものや、スマホで撮った写真を後から加工するなどのアプリもあるため、ご自身でもアーティスティックなお写真が比較的カンタンに撮れるようになったためだと思われます。

あえてはずした写真をウェルカムボードに

ウェルカムボード等の特大サイズでのジグソーパズルでも、上述のようなお写真が多くなってきました。

正面を向いた全身写真で、タキシードどドレス・・・というパターンも勿論数多くありますが、雑誌から抜け出したようなショットを好まれる方も多くなってきたんです。

幾つかご紹介したいと思います。

視線を外した画像です。カメラ目線はせず、互いの目を見つめあい、男性が手を差し伸べたほんの1コマを撮影しました・・・といったような構図ですね。

こちらはお顔自体が全く見えない画像です。お二人というよりは背景もかなり重要になりますね。美しい洋館と緑のある場所での撮影のため、こういった構図もとても素敵だと思います。

シルエットの画像。そもそもお二人なのかどうかもわからない・・・と思われるかたもいらっしゃるかも知れませんが、印象的なウェルカムボードだと思います。空に書いた白い文字も映える画像です。

体の部分(手)のみの画像。二人でこれからずっと一緒に・・・という決意が感じられるような、固く握りしめた手をクローズアップした写真です。女性の指輪部分が映るようにも計算されていますね。【結婚】を強く印象づける、個性溢れるウェルカムボードになると思います。

被写体が中央にない画像。右端に被写体がいて、長く尽くしいドレスが風になびいています。ウェルカムボードに文字入れをご希望されるお客様も多いのですが、このように片寄っている画像の方が文字のバランスがうまく取れる場合もあります。

ジグソーパズルにしてオシャレなウェルカムボードを

今回、最近のお写真の傾向をご案内いたしましたが、勿論綺麗に正面を向かれているお二人の正統派写真も私はとても美しいと思っています。

どういったお写真が良いかは好みによるところかと思いますが、こういった今の風潮に合った構図のウェルカムボードというのも、ぜひご検討いただければと思いご紹介いたしました。

一生に一度の素敵な日に、素晴らしいウェルカムボードをとお考えの方、ぜひシャフトの特大ジグソーパズルをご検討ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。