ぬい撮り写真をジグソーパズルに

先日、檜原村に行った際の話を囲炉裏のある古民家へというブログにて記載いたしました。その際にちらっと登場したのが【ぬい撮り】というワードです。

ぬい撮りとは

ぬいぐるみを主役にして写真を撮影する事を指します。そのぬい撮り画像をSNS等にアップしたりすることで、可愛いと評判になり人気が出てきたようです。テレビでもぬい撮りの特集が組まれたことなどもあり、認知度も上がってきています。

ぬい撮りのお写真は構成がよく考えられていて、綺麗に撮れているお写真が多いので、ジグソーパズルにしていただいたらとても映えると思います。今回はぬい撮り写真をジグソーパズルにするご案内をしたいと思います。

旅行

まず代表的な所でいくと、旅行時でのぬい撮りかと思います。SNSに自分の顔は何となく出したくない、でも旅行していることは伝えたい・・・。そんなタイプの方も、ぬい撮りにハマるようです。以降私が持っているぬいぐるみを使ってお伝えいたします。イメージをお伝えするため簡易的に作成した【合成】画像ですので、粗さや違和感はご容赦ください。

どこかの国の町並みです。大きな建築物なので、お城でしょうか。

凱旋門ですね。こんなふうにコミカルに仕上げてみるのも可愛いのではないでしょうか。

海や川

海岸沿いでのぬい撮りも比較的定番と言えば定番かも知れません。人間の場合もそうですが、海や川って写真映えしますよね。

イベント

縁日だったり、どこかおでかけした際に。

私はこの1パターンの向きで合成していますが、実際は手のあるぬいぐるみ等であれば手を縁にかけてみたり、座らせたり、様々な方向から撮ってみたりなど、皆さん工夫を凝らしていらっしゃいます。

食べ物(食事)

お食事のシーンにもよくSNSで登場しているのを見かけます。手足のあるぬいぐるみだと、お人形でおままごとをしていた時のような、懐かしさも演出できるのではないかと思います。

ちょっとつまみ食いでもしていそうな写真です。お食事やスイーツ、お菓子等の写真は綺麗でジグソーパズルにもよく映えるのですが、お腹が空いている時に見たらツラいかも知れません(笑)。

あれ、どこに?と思ったらスイーツの後ろに隠れていました。このような、さりげないジグソーパズルも可愛いと思います。個人的に一番好きな構図です。

専用のぬいぐるみ

ぬい撮りの人気を受けて、タカラトミーアーツさんでは、何とぬい撮り専用の【ちょっこりさん】というシリーズを展開されました。座ったり、ひっかけたり、何かをもたせたり。まさにぬい撮りのためのぬいぐるみです。参考のために見ていたらとても可愛くて、少し欲しくなってしまいました。ディズニーやスターウォーズ等もあるようです。全て確認はしていませんが1つ1,000円程度と比較的お手頃なのも、とてもありがたいです。こちらの商品で撮ったぬい撮りはとっても可愛いだろうなと思いました。

ぬいぐるみ単体旅行

こちらもびっくりのサービスです。ぬいぐるみを主催されている【ぬいぐるみの旅行代理店】に預け、ぬいぐるみだけが旅行やツアーに参加するというもの。

最初は正直『なんだそりゃ』と思ってしまったのですが、主催者の方が「病気などで旅ができない人が、ぬいぐるみを通じて旅気分を味わいたい需要があるのでは」というきっかけで始められたという事を知り、なるほどと思いました。

実際にそういった方の需要もあるようですが、自分だと時間が無くて行けないから、であったり、亡くなった母の代わりに、という事や、うつ病療養中の方からのお申込み等、様々な事情の方から依頼があるそうです。

うつ病だった方はぬいぐるみの他の旅友(タビトモ)とやり取りをしながら、最後には職場復帰するまでに至った、というような素晴らしいエピソードもありました。ぬい撮りで素晴らしい出会いや思い出が出来るという、目からウロコのサービスです。

お部屋に飾る

ぜひ素敵に撮ったぬい撮り写真を、オリジナルジグソーパズルにしてみてください。文字入れ等も行っておりますので、ぬいぐるみが行った場所等を記載するのもいいかと思います。

スマホで見て楽しむだけではなく、ジグソーパズルにしてお部屋に飾っていただいたら素敵な思い出がすぐに思い出されますし、美しい画像をチョイスいただきますと、素敵なインテリアにもなりますので、オススメです。

下の画像はin Franceの文字入れバージョン。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。