ペット

しまりのない後ろ足

投稿日:2018年4月29日 更新日:

ワンちゃんが仰向けになって休んでいるとき、飼い主の方が上だと理解しているとか、服従だとか、リラックスしているのだということだとがよく記載されています。

まさにそのとおり!な場合もあるのですが、実は特にそういった意味合いは無く、単に

  • 床で背中が冷えて(温まって)気持ちいい
  • この姿勢が楽
  • 寝ていたらたまたまこうなった

という場合も多々あるそうです。

ただ、お腹の柔らかい部分を上にして眠るということはほぼノーガードのため、さすがに危険と認識している場所ではしない体勢だと思います。

たまたまの場合もあるにせよ、安心できると認識している場所だからこそ、このような無防備な体勢に自然となるのでしょう(と信じたい)。

飼い犬を仰向けに

ぬいるぐみでひとり遊びをしていた飼い犬を抱き上げ(ごめん)、膝の上で仰向けに。いきなりの事に一瞬ジタバタしましたが、すぐに眠りに落ちていきました。犬って眠りが浅いんだけれど、そのかわり本当にどこでもすぐに眠ります。どこかの有名漫画のキャラクターのようです。

自分の身体の上やソファ、人間が座る場所等、高い位置で寝させると主従関係が同等、もしくは逆転すると述べられているところもありますが、私の個人的見解ではOK(さほど問題ない)と思っております。

どいてほしい時は「どいて」と言えばどいてくれますし、ソファに寝ていても私が座ろうとすればその場所を譲ります。外の散歩でも言うことは聞きますし、家での粗相やいたずらすらもありませんので、要はちゃんと言うことを聞いてくれるのであれば、普段いる位置は別に・・というのが、賛否あるかと思いますが、私のスタンスです。

さて、少し話がそれましたが、仰向けにしてみました。

自身で片手撮影のため、上の方にスマホを持ち上げても全体が入りません(泣)。こちらは後ろ足です。短い(笑)。突っぱっているように見えますが、力は全く入っておらず、目は完全に白目で寝に入っております。ひどい顔と寝相・・・。顔は残念ながらうまく写りませんでした。

普段からお腹を撫でられるのが大好きで、よく私の父母に撫でろとせがんでいます。同じようにしばらくお腹を撫でていたのですが、私の左腕で飼い犬の頭の下を支えていたもので、少し経つとすぐ左手が痺れてきてしまい断念。

起こしてどいてもらいました。

勝手に抱きかかえて眠らせて、痺れたからどいて、ではあまりにひどいと思ったので、起きがけにおやつをあげておきました。お手などはさせましたが喜んでくれたのでOKとします。

すやすやと気持ちよさそうに眠っていたので悪いことをしましたが、幸せそうな寝顔を間近で見られて幸せな時間でした。今度は手が痺れない方法にしよう・・・。

-ペット
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛犬の毛色の変化

愛犬を飼ったのがつい最近のことだと思っていたら、早いことにもう4歳になりました。 幼犬の時は真っ黒の犬だったのですが、最近毛色全体が若干薄くなってきました。 アゴ周りなどは特に顕著で、【そういえばなん …

犬の理想のヘアスタイル

私が飼っている犬はトイ・プードルです。 様々なヘアスタイルになっているトイ・プードルを見かけられる事があるのではないかと思いますが、犬の犬種によりトリミングの要不要があります。トリミングとは全身や頭部 …

多摩川沿い、河川敷の復活

12月の末に愛犬がよく歩いてくれる道をとって養鶏場に行ってきましたというブログを書き、その際に以前の大雨により、野球スペースが整備中になっていると記載いたしました。 こちらの写真です。 また状況が変わ …

お蕎麦屋さんに行ってきました

6月の中旬頃、調布にあるお蕎麦屋さんに行ってきました。調布には深大寺というお寺があり、そこの深大寺そばが有名なのですが、この辺りは東京最大級のドッグラン等もあるためかペットに対して優しい町づくりがされ …

季節を感じられる河川敷

最近は飼い犬がよく歩いてくれるのでジョギングコースばかり歩いていたのですが、久しぶりにと思い、ジョギングコースよりも更に川沿いの、土手(?)近くまで行きました。 多摩川緑地と言われているスペースで、バ …