東京都調布市

サルメリアロッキュー(調布)

投稿日:2018年7月15日 更新日:

練馬から調布市に移転してきた、生ハムの専門店「サルメリアロッキュー」さんに行ってきました。お店の造りからしてインパクト抜群。原木のオブジェも飾ってありました。

調布市の入間町にあり、仙川駅からも成城学園前からも距離があり、交通としては若干不便ではありますが、とても有名なお店です。

店内に入ると、レジ横にメニューが掲載されています。単品でも販売されていますが、初めての方にオススメなのは、詰合せとなる中央の赤いメニュー。2,000円か3,000円があり、サラミを含めるか含めないかなど、細かくこちらの要望を聞いてくださいます。

今回は「3,000円のサラミあり」でお願いしてみました。

店主さんが準備をされている間に、店内をグルグルと見てみました。

オリーブオイルやワイン。

冷凍の生ハム、パスタやトマト缶等、どれも普通のお店ではあまり見かけない、こだわりの品々が置いてあります。

そうこうしているうちに、始まりました。生ハムを原木ごともって来て、専用のスライサーで手際よくカットしていきます。

そして詰め合わせていただいたのが、こちら。

4種類の生ハムと、2種類のサラミを入れてくださいました。

  • コッパ・ディ・パルマ
  • プロシュット・ディ・サンダニエーレ(8ヶ月熟成)
  • プロシュット・ディ・パルマ(30ヶ月熟成)
  • パンチェッタ
  • サラメ・フィノッキオーナ
  • サラメ・タルトゥーフォ

聞き慣れないもの、有名なものなどがありますが、個人的には「パンチェッタ」と「プロシュット・ディ・パルマ」が最高! ネットでも人生ナンバーワンの生ハムとか、最高級の賛辞を欲しいままにしているサルメリアロッキューさんですが、本当にその通りです。ビックリしました。こんなに美味しい生ハムは、初めてです。

尚、店主さん曰く生ハムはカットしたらどんどん風味が逃げていってしまうので、カット後は30分~1時間以内にお召し上がりください、とのこと。もちろんすぐに戴きましたが、少し残った分を半日後くらいに食べてみましたが、私にはまだ違いが分かりませんでした。もちろん、保管する場合は冷蔵庫で。お店から持ち帰る時も、出来る限り冷たい環境をつくってください。

お店の前には、一台だけ駐車スペースもあります。若干行きづらい場所にはありますが、生ハム好きさんは、ぜひ試してみてください。

因みにサルメリアロッキューさんでは、その場で切り落としていただくだけでなく、塊のブロックの状態でも販売されています。

私も購入してみましたが、とっても美味しい!ただ、やはりプロにやっていただくような薄いカットは不可能ですので、風味等は当然お店でカットしてもらったものの方が上でした。

しかしこの近くは、しば田に始まり、ムッシュ・ピエール楽山など、調布でもトップクラスの美味しいお店がたくさん揃った地域ですね。

  • 店名:サルメリアロッキュー(SALUMERIA 69)
  • 電話:03-6411-9496
  • 住所:東京都調布市入間町3-9-11 サミール成城1F
  • 交通:成城学園前北口より徒歩12分。仙川からバスで行くと入間町3丁目バス停付近。
  • 時間:[平日]12:00~19:00、[土・日・祝日]11:00~19:00
  • 定休:火曜 水曜

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

香港屋台市場(調布)

本日は、「調布夏花火2016」に出店する、調布市商工会青年部のお手伝いをするため、京王多摩川へ行ってまいりました。炎天下の中作業をし、お腹がすいたので、多摩川駅の真ん前にある香港屋台市場へ。 正直、店 …

とりで公園(調布)

調布市にはたくさんの公園がありますが、遊具の充実した、楽しい公園が、調布と三鷹の境にあります。東八通りの南側、JAXAのすぐ西側の都営アパートに隣接する「とりで公園」です。 大きなターザンロープがある …

河川敷での散歩

先日、台風が来る前に友人愛犬と、河川敷に散歩に行ったときの様子をご紹介したいと思います。 場所は京王多摩川駅近くの河川敷。以前府中に住んでいた際にも自宅の近くの河川敷でよく遊んでいたため、引っ越しても …

ホテルノービス調布(調布)

遠方から、東京都調布市に出張で来られる際、まず最初に確認されるのは宿泊場所ですよね。今回は、調布駅の南口から徒歩1分の好立地にある「ホテルノービス調布」をご紹介します。 調布駅の南口から線路沿いに新宿 …

ほうきや本店(西山商店)(調布)

調布市商工会の繋がりから、旧甲州街道沿いにある西山商店を訪問させていただきました。 こちらでは、創業から100余年、ずっと箒を作り続けてきたことから、ほうきや本店の屋号がつけられたそうです。その名のと …