インスタ映え写真をジグソーパズルに

インスタ映えという言葉が、少し前から定着しています。スマホやPCを使用し、動画や静止画を簡単にアップすることができるようになった時代ならではの言葉ですね。Instagram等に投稿した、映える画像を指す言葉ですが、オシャレでキレイな被写体自体を指して言う事もあります。キレイな夕日をみて【わぁ、インスタ映え〜】といったような使い方ですね。若者に限るかも知れませんが(笑)。ジグソーパズルの豆知識にある、インスタ映えする写真パズルの撮り方とはでもフォトジェニックとの違い等、もう少し詳しく記載しておりますので、宜しければこちらもご一読ください。

SNS映えとも称され、写真をアップする際には、この【映え】が最重要と言っても過言ではないようです。

インスタの女王

インスタグラムのフォロワーが多い著名人と言えば、やはり渡辺直美さんでしょう。何故渡辺直美さんのフォロワー数が多いのか。

拝見したところ、様々な要素があるようでしたが、画像に限って言えば、やはり【インスタ映え】する画像ばかりだからという事だと思います。

画像がどれもとてもキレイです。勿論プロが撮影されたものもあるのでしょうが、そうでない写真もあるはずです。

それでも、どの画像にも構図や彩度、明度等のこだわりやセンスが感じられます。そのまま投稿せずに、色調等多少変化させるなどの工夫をされている画像も、あるのではないでしょうか。

また、面白い画像もたくさんありました。ご自身のちょっと自虐ネタとも思えるようなコミカルなお写真だったり。他にもアプリを使った可愛らしい写真撮影や、他の著名人の方のお写真等。見ていて飽きさせない画像ばかりで、本当に素晴らしいなと思いました。

インスタ映えする画像

前述した渡辺直美さんのような画像も無論の事、結局どのような画像が【オシャレ、綺麗、かわいい】と捉えられ、インスタ映えするのでしょうか。

  • カラフルでサイケデリック
  • 被写体が際立つ美しい風景
  • 美味しそうであったり珍しい(キレイな)食べ物
  • シャビーシックやセピア等レトロな雰囲気
  • 後ろ姿
  • 身体パーツ
  • 夕焼け
  • シルエット

個々の感じ方や好みによる部分はあるかと思いますが、一般的に多くの人から高評価を得ている画像に見られる傾向を、リストアップしてみました。まっすぐ前を向いてピースして写る・・・といったようなお写真は、若い方がアップされる画像には、以前ほど多くなくなったように思います。

【あえて外す】カッコよさ、といったものが多いようですね。

Instagram用だけじゃ勿体ない

さて、このように綺麗に撮ったり加工いただいた画像を、アップするだけだと勿体ない、というのが私どもの意見です。ネット上でデータが残るので、それはそれで良いかと思いますが、ぜひその画像を今度は形にしてみてください。

弊社では画像をジグソーパズルマグカップ時計等、様々なオリジナルグッズにさせていただく事が可能です!今回はジグソーパズルについて、上記でリストアップしたような傾向の絵柄を、参考画像として添付しつつ、ご紹介したいと思います。

カラフルでサイケデリック

とにかく派手、ひと目をひく、といったタイプの画像です。色彩豊かで若干目がチカチカするくらいの画像の方が、やはりインパクトがあります。

綺麗ですね。こちらはご存知の方もいらっしゃるかも知れません。ポルトガルで傘祭りを行っている町の様子です。頭上にかなりの数の傘。インパクト抜群でかつ美しい。

場所は不明。壁のアートのようです。Instagram等では、ここに立って撮影する際は中央ではなく、あえて右か左にズレて立ち、撮るのがマストです。ちょっとうつむき加減だったり右や左等を向いている構図もよく見かけます。

被写体が際立つ美しい風景

被写体が・・と書きましたが、風景だけの写真もよくアップされています。美しい風景は見ていて心が癒やされますねー。

お花のお写真です。桜の下で、ひまわり畑で、紅葉の下で、コスモス畑で。美しい花に囲まれたカップルの幸せそうな画像をよくお見かけします。特にひまわり畑は、夏になると弊社の方でも多くの数、ジグソーパズルのお申込みを頂戴いたします。スカッと晴れた青空に、黄色のコントラストがとても良く映えている画像ばかりです。元気なお花のイメージがありますし、ひまわり畑は若者にも人気のスポットなようです。

美味しそうであったり珍しい(キレイな)食べ物

都心の方では新しいオシャレなお店がオープンすると、長蛇の列になりますよね。出店する側も心得ていらっしゃるもので、いかにも若者が喜びそうな、たくさん写真を撮りたくなるような商品をたくさん販売されます。

竹下通りにある虹色のわたあめなんか最たるものですね。ドーナツも少し前からブームだったようで、原宿、渋谷、広尾等様々な場所でキレイな色の大きなドーナツが販売されています。

これは5年ほど前に私が猫好きの知人の誕生日を祝った時に渡したドーナツです。イクミママのどうぶつドーナツというお店で購入しました。写りなんて気にしていないので、色々な物が映り込んでしまっています(笑)。でもとても可愛いらしく、周りの友人のテンションが上がったのを覚えています。

こう見ていると、インスタ映えするのは可愛らしいスイーツが多いようです。ご飯も勿論ありますが、例えばチーズタッカルビやメレンゲ鍋等、可愛らしさというよりはインパクト重視のものがスイーツより多い気がいたします。

シャビーシックやセピア等レトロな雰囲気

元々そういう雰囲気の場所を撮る事もあるかと思いますが、セピアやモノクロは加工が必要です。アプリが普及する以前は、画像の加工はPCでイラストレーターやPhotoshop等を駆使する専門職の方でないとなかなかできない、高度なテクニックを必要とするものでした。

最近では簡単に画像に文字を入れたり、明度や彩度等イメージを変えることができるようになりましたため、こういったテイストのお写真も増えてきています。

どちらもシャビーシックで、レトロな雰囲気が感じられますね。【外国風】と形容するのがしっくりきます。

通常の色みの画像を、セピア調に変更してみました。見たことの無い海外の街並みなのに、どこか郷愁を感じさせるような画像になりました。

後ろ姿・身体パーツ・夕焼け・シルエット

この辺りはお伝えしたい画像のイメージが同様なので、まとめさせていただきました。どの内容にしても、最初の方でお伝えしたとおり【あえて外す】スタイルです。正面向かってピースではなく、少しズラしたショットというのが”モデルや芸能人を撮るプロのショットのようでカッコいい”という事のようです。

雑誌で撮られたかのようなショットです。夕焼けや後ろ姿はインスタ映えの定番ですが、ジグソーパズルにする場合でもお部屋の雰囲気をクールにまとめてくれる絵柄だと思います。

こちらは工房のディスプレイ用に実際に製作したハーフカットのジグソーパズルです。愛犬とのショットが綺麗に撮れたので、ディスプレイ用にジグソーパズルにいたしました。以前、工房のディスプレイを変更というブログでも掲載いたしております。

こちらが身体のパーツをメインにしたお写真です。最近このタイプのジグソーパズルがとてもご注文が多くなってまいりました。あえてお顔(後ろ姿)すらも写さないお写真です。

上のような絵柄のジグソーパズルは、ウェルカムボード等に使用してくださっているお客様が多いようです。こういった画像に Welcome to our Wedding Reception といったような文字入れをご希望される事もございます。表情が見えなくても幸せが伝わってくるような、【技あり】のボードになりますね。

アクリルフレームがオススメ

インスタ映えのお写真をジグソーパズルに、というご案内でした。オリジナルジグソーパズルをお作りいただく際にはアクリルフレームもオススメです。

独自開発の専用フレームに入れていただければ、部屋に飾っていただいてインテリア代わりにも!

ご友人がいらした時なんかに「これこの前インスタに載せてたやつ!」とか「これかっこいい!」なんてお話にもなるのではないでしょうか。ぜひご検討ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。