シャフト株式会社

ケース型?手帳型?実は幅広いiPhoneケースの種類

写真からオシャレな
オリジナルiPhoneケースを作成

幅広いiPhoneケースの種類

スマホの普及に伴い、メーカー各社から実に様々なケースが販売されています。背面を保護するタイプのカバー型だけでも、ハードタイプとソフトタイプがあります。または、スマホをすっぽりと包み込むタイプの手帳型、逆にスマホの側面だけを保護するバンパーというタイプもあります。

ケースの特徴

よく見かけるタイプのiPhoneケースに、手帳型があります。スマホの背面に取り付けつつ、前面の画面部分も保護。電話を使用する時にも、かんたんに前面カバーを開けるため、人気の高い種類の一つでもあります。また、手帳型ケースの場合は、カバー部分にPASMOやSUICA等のカードも収納できるため、iPhone(実際にはカバー内のカード)をかざすだけで駅の改札を通過できるのも魅力です。

バンパータイプは、主にデザイン性を重視したケース。iPhoneの物理的な保護に特化した商品が多くみられます。

また、保護は保護でも、水から本体を守ってくれる防水タイプのものもあります。水中内でiPhoneを使った撮影をする時などに便利ですが、iPhone7からは本体自身が防水性能を備えているので、あまり意味はなくなってきました。

弊社で販売しているオリジナルiPhoneケースは「カバー型」です。本体の背面、及び側面側をすっぽりとカバーしつつ、ケース自体にはあなたの写真をプリントできるのです。正面の画面部分こそ保護はありませんが、その分いつでもiPhone画面を確認することができます。保護性能、実用性、そしてデザイン性を兼ね備えたのが、まさにオリジナルiPhoneケースなのです。しかもお好みにあわせて、オリジナルカバーの材質を、グロスタイプかマットタイプでお選びいただくことができます。

グロス・マットの違い

あなたのiPhoneにオリジナルケースを

一口にケースと言っても、こんなにも沢山の種類があります。用途によって適したケースの形状は分かれますが、まずは最も手軽で付け替えが簡単なカバー型のケースをオススメ致します。そしてあなたの好きな写真を使って、あなただけのオリジナルiPhoneケースを作ってみてはいかがですか?

あなたのiPhoneにオリジナルケースを

iPhoneケースの豆知識 特集一覧

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.