魚亥子(飛田給・ディナー)

一年ほど前、弊社スタッフが同店のランチに関する記事を書かせていただきました。先日、私の誕生日祝いをしてもらうため、ディナーでおうかがいしたので再度記載をさせていただきたいと思います。

両親と私とでお邪魔いたしました。私の方が数分早めに着いたため、飛田給駅構内を撮影。

飛田給駅は駅名標にも副駅名として味の素スタジアム前とあるとおり、味の素スタジアムの最寄り駅です。北口から徒歩5分程度で到着しますので、北口側の窓からすぐにスタジアムを確認することができます(南口に降りても見える距離です)。

駅は広々として、とてもキレイに整備されています。

こちらは改札を出て、南口に降りる側の写真です。スタジアムがある事から、巨大なサッカーボールが吊り下げられていました。

本日向かうお店は南口に降ります。

南口に降りる階段の直前、左側に大きな窓があるのですが・・・

赤丸で囲んだところが魚亥子さんです。見える距離で駅からとても近いですね。

こちらが南口階段。この日はスタジアムでサッカーやその他イベントが無かったようで、駅はとても静かでした。

うおいねと読むんですね。下二文字で亥子(いのこ)と読むため、うおいのこだと思っておりました。ちなみに亥子は10月の亥の日に行われる行事です。

営業時間や電話番号等は以前の魚亥子(飛田給)にて記載しておりますため、割愛いたします。

お料理

さて、ここからはお料理の数々を一気にご紹介いたします。

普段両親が利用する際は名物(?) の女性スタッフがいて、その方に全てお任せしているためメニューを見たことが無いそうです。この日はたまたまその女性がおやすみだったので、両親が一生懸命メニューを見て、わからない、どうしようとボヤキながら熟考しておりました(笑)。

お通しは撮り忘れましたが、しいたけとえのきの大根おろしでした。大根おろしに甘めの味がついていて美味しかったです。

まずはお刺身盛り合わせ。他のお料理もたくさんいただきたいので、二人前でオーダー。それでも盛り合わせると、この量です。私は白身が大好きなのですが、この白身(お魚が何かは不明)、弾力があって本当に美味しいです。ウニもそのまま醤油をつけずに食べてみろと父に言われ、そのとおりに。・・・何だこれは!!という感じでした。とてもクリーミーで、とても濃厚です。いきなり参った!という感じでした。

両親が説明してくれた所によると、ご主人が毎朝市場に出向いてその日の新鮮な海鮮を仕入れてくるそう。こんなに味が違うのかと驚きました。それでも連休中だったため、市場が開いておらず、今あるものは少ないという事で、無いと言われたメニューが多少ありましたが、そんなことが気にならないくらい美味しかったです。

どんどんいきましょう。ほうぼうとこごみの天ぷらです。こごみは初めて食べたのですが、とても美味しかったです。山菜特有の爽やかな苦味がありました。でも苦味としては弱いほうです。茎(?)というか下の部分はアスパラのような、あっさりとした食べやすいお味です。ほうぼうもふっくらとしていて絶品。

メヒカリの揚げもの。群れで動いており、目が大きく、青く光っているためその呼び名だそうです(父の受け売り)。調べたところ実際はアオメエソというらしい。ワカサギのような小さなお魚のため、まるごとバリバリいただきます。目の部分が多少コリコリしていますが、じゅうぶん噛み切れます。クセがなく、食べやすいお魚でした。

私のリクエスト。鯛の煮付けです。鯛も煮付けも大好きなため、お品書きに見つけた瞬間頼みました。タレは濃くてしょっぱいだけの安っぽい味と違い、上品なお味で、鯛の身の美味しさがしっかりと味わえるお品でした。

こちらはセットになっていたカレイの煮つけとマグロ4貫。まさかの煮付け被り。私が煮付けを頼んだと父には伝えたのですが、カレイも食べたいと。子持ちカレイ、勿論美味しかったですけどね。

活き〆の魚のかぶと焼き。ちょっと自身が無いのですが、たしかカンパチだったような・・。実がホクホクです。目や口の周りのブルブルとしたゼラチン質の部分は母の大好物のため、母がかぶと部分を独占し、しゃぶりついておりました。

ぬたの盛り合わせ。盛り合わせと記載があったため何が盛られてくるかは不明だったのですが、ホタテでした。ぬたいいですよねー。大人になってから良さがわかった一品です。美味しい。

お肉も食べたい(by父)との事で、お肉の焼きもの。国産牛(何牛か失念)のミスジです。柔らかくて、でも脂肪たっぷりという事ではなく、適度な赤身具合。揚げたにんにくチップスと大根おろしで、お肉ですがあっさりいただけました。

お寿司5貫盛り。私がどちらかというと白身の方を好むため、白身がメインの5貫盛りを頼んでくれたようです。言うまでもなく、美味しい(笑)。

最後に鯛のお茶漬けを頼んで〆としました。残念ながら鯛が品切れとの事でしたので、平目になりましたが。あっさりとしたお味で美味しかったです。水分を吸う前にと思い、急いで食べたところ、あらかた食べ終えた所で写真撮影を失念した事を思い出しました。

ちょっと3人にしては頼み過ぎでは・・・と思うくらい頼みましたが、【これはちょっと・・】というお料理が一切なく、全てが美味しかったです。

お酒もそこそこに(父はよく飲んでいました)、ひたすら食べて、注文して・・・の繰り返しだったため、お店の方も、よく食べると思っていらしたかも知れません(笑)。

大満足のディナーでした。お値段としては決してお安いとは言い難いお店ですが、海鮮の鮮度やお料理の質から考えると、コスパは抜群です。高く払って大したことないお店とは訳が違う、素晴らしいお料理を提供してくださるお店ですので、お近くにいらした際はぜひ立ち寄ってみてください。

スタジアムオープン日でもなかったにも関わらず、お店は比較的お客さんでいっぱいでした。場合によっては入れないかも知れませんので、確実にこちらのお店目的で行かれる場合は予約していただいた方がいいかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。