ペット

犬の新しいおもちゃ

投稿日:2017年10月30日 更新日:

愛犬の癖

我が家の犬はおもちゃで遊ぶのが大好きですが、軽く噛む・・・程度ではなく、引きちぎる事を目的としているようです。

食べはしませんが、とにかく引きちぎって壊す事が楽しい模様。はじめは子犬だったので歯が痒いから噛むのかと思っていたのですが、大人になっても変わらず。

他の家の物は一切噛まないので(しつけが終わるまではよく噛んでいましたが)、おもちゃに対してのみの事で怒るわけにもいかず。

おもちゃ選び

そのためおもちゃ選びはかなり慎重です。1時間ほどで壊されたおもちゃは数知れず(泣)。そして何故か頑張って作った手作りおもちゃは見向きもしてくれませんでした。

他の形状だったら良いのかもしれないので、いずれは手作りおもちゃで遊んで貰えるよういくつか作ってみるつもりです。

それでも何度も壊されていくうちに、壊れやすい、壊しやすい物がわかってきました。

まずはゴム製のもの。投げやすくて外に遊ぶ時によく使用するのですが、誤ってしまい忘れていたところ食いちぎられて穴があきました。

そして、ひもや糸がついているもの。この【糸】のほうがかなりのネックです。やわらかい素材のおもちゃはよく顔が描かれていて、ボタン等ですと誤飲の可能性があるため、顔部分が糸で描いてあるんです。

愛犬はこの糸にうまい事自分の歯をひっかけて、そこから布を破っていく方法を良くとります。布のほうが柔らかいのですが、前足で固定する力はそこまで強いわけではないので、ひっかかりがある硬い方が壊しやすい(そこを噛むのが好みなのかもしれません)ようです。

探してみると上記にあてはまらないおもちゃが実はほとんどなく、いつも苦労しています。

理想のおもちゃ?

そんなさなか、同じく犬を飼っている友人とペットショップで色々見ていた所、発見してしまいました。

チョコレートを模したおもちゃです。文字は糸じゃない、ひっかかる紐もない、ゴム製じゃない・・・。理想のおもちゃだ!!と思い、即購入。中は触るとガサガサとビニール袋を触っているような音がして、聴覚でも楽しめるようになっています。折り返した銀紙の部分も再現されていて、丁寧に作ってあるなーという印象のおもちゃです。

おもちゃと対面

さて、おもちゃだけでなく、犬用のお菓子もついつい喜ぶかと思い、沢山購入してきてしまいましたが、いよいよおもちゃとご対面です。

帰宅してきた事による興奮がさめた所を見計らい、ジャーンと見せた所、尋常ではない尻尾の振り方。自分のおもちゃだというのがわかるみたいです。

うんうん、楽しそう。

目がキラキラしているねー。

必死すぎる(笑)。

遊び疲れて就寝。でもおもちゃは離しません(笑)。普段のおもちゃもそれなりに遊ぶんですが、やっぱりボロボロだから、新しい方が良いのかなー。

思わぬ結果

あまりにもずっと離さないので、水を飲みにいった際にさっといったん回収しました。

すると何と!!

おお・・・そんな所から・・・。

どーーーーーしても噛みちぎりたいんだね(T_T)

こういうピラっとした部分があってもダメだとわかりました。しばらくはこのままにしますが、若干可愛くなくなるけれど、このピラっとした部分を全部カットするのも検討しようかと思います。

理想のおもちゃ探しはまだまだ続きそうです・・・。

-ペット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

愛犬の誕生日写真

私の飼い犬は誕生日がわかっており、明日5月22日が誕生日です。産まれた日も、月も、年も不明というケースもあるかと思いますが、それでも一緒に過ごしてから1年経ち、2年経ち・・といったカウントはされるので …

飼い犬へおせちを用意しました

年も明け、今年は戌年になりました。12年のうち1年間しかない(他もそうですが・・・)戌年です。できれば飼い犬と次の戌年も一緒に過ごしたいと切に願っておりますが、年齢を考えると可能かどうかはわかりません …

東京都西多摩郡檜原村に行ってきました

タイトルにも記載いたしましたが、檜原村へ行ってきました。以前にも一度行ったことがあり、その際にも書かせていただいたのですが、今回も素敵な写真が撮れたのでご紹介したいと思います。 檜原村 東京都は西多摩 …

平日の河川敷散歩

どこにも出かけられない日々が年単位で続き、あまりにも気分がくさくさしていたのでリフレッシュのため先日1日だけ有給をいただきました。 とはいえ完全なるペーパードライバーのため、どこかに遠出するでもなく。 …

隠れる・・・

犬は自分が落ち着く場所をどこか1つ、もしくは数カ所持っているそうです。自分のベッドであったりゲージであったり・・・。でも比較的どのワンちゃんにも共通するところは【狭いところ】という事だと思います。昔 …