ペット

少し強くなった・・・であろう愛犬

投稿日:2018年3月28日 更新日:

実家では普段ルンバを使用しています。ルンバの行き届かない所を、母が掃除するというやり方のようです。

ルンバの動きを理解?

ルンバが稼働する時間帯は決まっています。もちろん設定のうえその時間帯なのですが、実家では11時から動き出します。はじめの頃は、生き物なのかなんなのかも不明な、得体の知れない黒い物体に愛犬はおののき、震えていました。家でかける掃除機も苦手で毎回隠れてしまう犬なので慣れることはないと思っていたのですが、何度か目の当たりにするうちに、自分を追いかけているのではない、という事に気がついたようです。

基本的には直線的な動きをして、ぶつかったら方向転換。進行方向に一度進んだら障害物に当たるまでバックはしてこないのが特徴ですが、それを理解したのではないかと思っています。

『本当にそこまで考えているの?』と思われるかも知れませんが、正面からは向き合わず、ルンバが向きを変えたその後ろからついていくという動作が増えたので、おそらくこれは間違いありません。そもそも犬は人間の言葉を理解し憶える、命令を実行するなどができ、知能は人間で言うと2〜3歳程度はあると言われているんです!

・・・その理屈だと掃除機も逃げ出さなくて良いような気がしますが、私の使用しているのはサイクロン式で多少音が大きめなので、単純に怖いのかも知れません。

避難先

ともあれ、あまり驚かなくはなってきたものの、やはり自分がいる方に来られると嫌なようで近づいてくると逃げ回ります。2時間近くは頑張って掃除してくれているので、なかなか気を緩める事ができず、チラチラとルンバの動向をさぐっているのが可哀相だったので、避難先を決めました。

こちら。父のベッドの上です。母のベッドの上にする事もありますが、私がPCを使用することが多いため、PCデスクのある父の部屋に避難することが多くなりました。

ベッドの上ですので下のフローリングは掃除しているものの、勿論ルンバはやってこれません。ただ2時間ほどベッドの上にいることになるので、まんがいち粗相をされたら大変です。(人の寝る場所でしたことはありませんが。)そこで、稼働する11時の10分ほど前におトイレを済ませてもらう事が習慣になりました。

【おしっこ】というコマンドを覚えているため、そのコマンドを伝えると、あまりにしたくない(おトイレを済ませた直後)時以外はトイレを済ませてくれるんです。素晴らしい!!

私も2時間PCデスクに向かい、近くに来たら足を上げてルンバを通します。その間動けない事がわかっている愛犬はベッドの上でひたすら寝ています。

たまに下にルンバがやってくるとうっすら目を開けますが、ほとんど気にする様子はありません。こちらは実際にルンバが近づいてきた瞬間の写真。目は開いているんですが・・・黒いので写真では見えませんね。慣れてくれて何よりでした。父の事が大好きで、父がいると周りを離れない愛犬ですので、匂いがするベッドは更に安心できる、というのもあるのかも知れません。

私の家でルンバを稼働させても大丈夫、ということだと思いますが・・・私の家だとさほど広くない(むしろ狭い)ので、残念ながら掃除機かけちゃった方が早いはず。

臆病な性格に変わりはありませんが、少しずつでも慣れるものもあるという事がわかって、嬉しい限りです。

-ペット
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

隠れる?・・・第二弾

前回デスクの下に隠れる、落ち着ける場所が飼い犬にあると書きましたが、もう1つの場所をご紹介したいと思います。 それがこちら! ベッドサイドテーブル代わりに使用している物置です。一番上は写しておりません …

プードルの毛色や大きさ

犬にはさまざまな犬種がありますが、その中でもプードルは、かなりバリエーションに富んだ犬種と言えるのではないかと思います。今回は毛色と大きさにスポットをあててご案内したいと思います。 ■毛色 色とりどり …

愛犬の誕生日写真

私の飼い犬は誕生日がわかっており、明日5月22日が誕生日です。産まれた日も、月も、年も不明というケースもあるかと思いますが、それでも一緒に過ごしてから1年経ち、2年経ち・・といったカウントはされるので …

河川敷での散歩

先日、台風が来る前に友人愛犬と、河川敷に散歩に行ったときの様子をご紹介したいと思います。 場所は京王多摩川駅近くの河川敷。以前府中に住んでいた際にも自宅の近くの河川敷でよく遊んでいたため、引っ越しても …

ペットの思い出写真が、インテリアとしてのパズルに!

日本では、犬や猫、あるいはお魚や爬虫類など、様々な動物をペットとして飼育されている方が、たくさんいらっしゃいますよね。ペットと過ごす時間はとても永く、それだけに愛着も大きくなりますので、まさに家族の一 …