東京都調布市

中華麺房 栄福記(国領)

投稿日:2016年11月10日 更新日:

京王線国領駅のすぐ近くに交番があるのですが、そのすぐ横には「らーめん和屋 雅」というラーメン屋さんがありました。が、すぐに潰れてしまい今年には「ありえ」という名のラーメン屋さんが誕生。実際に行ってみたのですが、記事にも書いたとおり特に特徴があるラーメン屋さんではありませんでした。

・・・と思っていたら! 11月7日にはまた新しいラーメン屋さんになっていました。ラーメン店は入れ替わりが激しいといいますが、この交番横は目まぐるしくかわっていきますね。交番の横とはいっても、旧甲州街道をはさんだ向かいにある「味功」さんはずっと変わらず残っているのですが。

%e4%b8%ad%e8%8f%af%e9%ba%ba%e6%88%bf-%e6%a0%84%e7%a6%8f%e8%a8%98%ef%bc%88%e5%9b%bd%e9%a0%98%ef%bc%89%ef%bc%91

ということで、オープンしたばかりのお店に行ってきました。お店の名前は「中華麺房 栄福記」。めずらしく食券タイプではなく、机に座ってから注文し、食後に会計をするレストランタイプでした。

%e4%b8%ad%e8%8f%af%e9%ba%ba%e6%88%bf-%e6%a0%84%e7%a6%8f%e8%a8%98%ef%bc%88%e5%9b%bd%e9%a0%98%ef%bc%89%ef%bc%92

こちらが担々麺。注文する際、辛さを初級・中級・上級から選ぶように言われ、ムカイの死神ハンバーグを制した自分としては、ぜひ上級をチャレンジしたかったのですが、店員さんから相当辛いと言われたので、とりあえず中級にしてみました。

確かに、他店の担々麺と比較してみるとかなり辛い。食べられないということはありませんが、中級でも十分な辛さでした。

今度のお店は、永く続けられると良いですね。

  • 店名:中華麺房 栄福記(えいふくき)
  • 住所:東京都調布市国領町2-5-15

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

松月堂 本店(調布)

私が調布市商工会でお世話になっている方が働いていらっしゃる和菓子屋さんが、調布銀座の中にあったので、先日訪問させていただきました。松月堂 本店さんです。 菜々やの隣にあって、こちらも創業50年をこえる …

なべ英(調布)

シャフト株式会社の社友会第6回交流イベントとして選んだお店が、こちら。天神通り商店街にある、うまかもんや なべ英(なべひで)さんです。い志井本店や調布清水の向かいで、とらふぐ亭の2軒隣りにあります。 …

四季彩 調風(調布店)

こちらのお店は閉店し、個室会席 調風に移転しました。 京王線調布駅の南口を出たあたりに、とても大きな建物があります。調布では非常に有名な会席料理、創作料理屋さんで「調風(ちょうふう)」といいます。場所 …

みちしるべ(つつじヶ丘)

調布にはたくさんのラーメン屋さんがあり、しば田を筆頭に多くの人気店が存在します。今回はそんな調布のラーメン屋の中でも、比較的人気上位にランクしている、つつじヶ丘の「みちしるべ」さんをご紹介。 つつじヶ …

あんどれかんどれ(国領)

今日はお弁当を用意する時間もなかった為、久しぶりにランチで外に出ました。弊社の本社の近くにある、「あんどれかんどれ」という、めずらしい名前のラーメン屋さんです。 本社から、歩いて5分ほどでしょうか。距 …