東京都調布市

中華麺房 栄福記(国領)

投稿日:2016年11月10日 更新日:

京王線国領駅のすぐ近くに交番があるのですが、そのすぐ横には「らーめん和屋 雅」というラーメン屋さんがありました。が、すぐに潰れてしまい今年には「ありえ」という名のラーメン屋さんが誕生。実際に行ってみたのですが、記事にも書いたとおり特に特徴があるラーメン屋さんではありませんでした。

・・・と思っていたら! 11月7日にはまた新しいラーメン屋さんになっていました。ラーメン店は入れ替わりが激しいといいますが、この交番横は目まぐるしくかわっていきますね。交番の横とはいっても、旧甲州街道をはさんだ向かいにある「味功」さんはずっと変わらず残っているのですが。

%e4%b8%ad%e8%8f%af%e9%ba%ba%e6%88%bf-%e6%a0%84%e7%a6%8f%e8%a8%98%ef%bc%88%e5%9b%bd%e9%a0%98%ef%bc%89%ef%bc%91

ということで、オープンしたばかりのお店に行ってきました。お店の名前は「中華麺房 栄福記」。めずらしく食券タイプではなく、机に座ってから注文し、食後に会計をするレストランタイプでした。

%e4%b8%ad%e8%8f%af%e9%ba%ba%e6%88%bf-%e6%a0%84%e7%a6%8f%e8%a8%98%ef%bc%88%e5%9b%bd%e9%a0%98%ef%bc%89%ef%bc%92

こちらが担々麺。注文する際、辛さを初級・中級・上級から選ぶように言われ、ムカイの死神ハンバーグを制した自分としては、ぜひ上級をチャレンジしたかったのですが、店員さんから相当辛いと言われたので、とりあえず中級にしてみました。

確かに、他店の担々麺と比較してみるとかなり辛い。食べられないということはありませんが、中級でも十分な辛さでした。

今度のお店は、永く続けられると良いですね。

  • 店名:中華麺房 栄福記(えいふくき)
  • 住所:東京都調布市国領町2-5-15

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

Bell-Wood(調布)

先月、4月1日に布田駅近くにBell-Woodというベーグル屋さんが出来ました。調布経済新聞に掲載されていて、弊社工房の近くにあったため気になってはいたのですが、私が工房勤務ではないため、なかなかおう …

かれーや(西調布)

昔から、地元の人々に愛され続けているカレー屋さんをご紹介します。その名も「かれーや」さんです。 旧甲州街道を、調布駅から西調布駅に向けて走り、西調布駅に近くなってきた左手に、赤い看板が目印のかれーやが …

アジアンタイペイ(調布)

京王線調布駅と布田駅の中間、旧甲州街道沿いにタイ料理の名店があります。その名も「アジアンタイペイ」。 調布駅からも近く、大きなお店ですし、ウルトラセブンのアンヌ隊員が経営していたことでも有名なため、調 …

ADDICTION(調布)

調布市の集まりの関係で、先日はADDICTION(アディクション)という名前のお店に顔を出させていただきました。 こちらは、以前はMerci(メルシー)という名前のクラブだったのですが、運営はそのまま …

AKICHI(国領)

シャフト株式会社のある調布市国領町。今回ご紹介するのは、国領駅から徒歩1分の場所にある、AKICHI(アキチ)さんです。 狛江通りから、ちょっと奥に入ったところにあります。AKICHIの前には、酒喰B …