お帰りをお待ちしております・・・

実家に遊びに行く事があるのですが、両親ともに出かけていて私と犬が留守番、という事も少なくはありません。

私の飼い犬は異様に臆病なため、実家のインターホンの音を聞くとものすごく警戒して吠え立ててしまいます。

そのため、母は帰って来る時に私に電話をかけてきて、「今から玄関に行きますよ」と教えてくれます。

その電話があったら慌てて飼い犬を「静かにねー」と言いながら抱いていないといけないんです。なんてめんどくさい・・・。父はその帰宅電話を面倒臭がるので帰ってくると吠えられます(笑)。普段ほぼ吠える事が無いだけに、毎回吠える声にかなり驚かされます。両親に関わらず誰にせよ姿を現すと一切吠えなくなるのですが、この癖だけは困ったものです。

私の飼い犬は父母の事が大好きです。普段私がさほどあげないおやつを大量にあげてしまう(特に父)ので当然かも知れませんが、それでなくとも自分が可愛がられていることをよくわかっているのだろうなーと思われる行動がしばしば。それはまたいずれご紹介したいと思います。

私しかいないと【いつもの事】といった感じでひたすら寝ているのですが、二人がいる時はまとわりついて、おもちゃをくわえて遊んでほしいとはしゃいでいます。

こんな感じでいつもカーペットがない隙間のフローリングのところでスヤスヤ。これは私がカメラを構えたら何故か察して起きてしまった1枚です。

寝ているものの、二人の帰りは心待ちにしています。そして、母からの帰宅電話がパターンになっているため、着信音が鳴って私が電話に出たら母が帰ってくる、という事実を早々に理解しました。

電話が鳴った後。

・・ただただ玄関を見つめる後ろ姿(笑)。ちょっと可愛い・・。私が見えない下半身部分をしっかりホールドしているため、玄関が開くのをじっと待っているところです。

まだ歩いている途中で電話をくれたため、今しばらくかかりそうと判断し、足の上に座って乗せました。なんか怒ってる・・・?ように見える。

吠えたりしなければ無理やり捕まえないんで、そんな目でみられてもね・・。

ドアが開く瞬間をしっかりホールドして対処。無事に吠えずに済みました。喜びすぎてしっぽがちぎれそうに見えました。周りを飛び跳ねるので母も玄関から動けず(笑)。

誰が帰ってくるのかわかっているなら玄関で物音がしても吠えずに姿を現すまで待てば良い気もするのですが、それはできないんでしょうか・・・。

この後父も帰ってきて(玄関先で吠えて)、嬉しそうにしていました。実家ももう我が家のようにリラックスして過ごしているようですので、翌週にでもまた遊びに行こうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。