電子書籍の出版方法

インターネットの普及は、私たちの生活に関わる様々なものに変革をもたらしてきました。そしてそれは、「本」の世界にも影響を与えています。昔は、印字された本を本屋さんで購入し、それを移動中などに読んで、読み終わったら古本屋で売るか、自宅の本棚に片付けていたかと思います。

ところが、表題の「電子書籍」が急速に普及したため、このスタイルが大きく変わってきています。電子書籍は、専用の端末やスマホ等からオンラインで購入することができ、そのままスマホや電子書籍リーダーで読むことができるため、重たい本を持ち歩く必要がありません。

それに、紙の書籍を販売するためには、大変な時間と労力、費用がかかっていましたが、電子書籍なら誰でも簡単に、お金をほとんどかけず、世界中で販売することができるようになったのです。特に高度な知識は必要ないため、書籍販売の垣根が取り払われ、この業界に大きな変化をもたらしました。

電子書籍の執筆方法は実に様々ですが、シャフト株式会社では、誰でも簡単電子出版!電子書籍作成方法というシリーズ本として、【スマホ編】、【Pages編】、【Sigil編】という3書籍を、AmazonのKindleダイレクトパブリッシングから販売しています。最低価格の100円設定で販売している書籍ですが、なんと現在はキャンペーン中で、2015年11月14日までは無料で3冊ともダウンロードしていただくことができます!

ただ、電子書籍の「執筆方法」は、それ程難しいものではありません。が、これを販売した時に、何も考えずに販売してしまうと、アメリカと日本で二重課税されてしまうため、EINの取得が必須になります。このブログでも、EIN習得に関する記事を先日執筆しましたので、詳細はそちらをご覧ください。

シャフト株式会社では、創業当時から「EIN取得代行サービス」も行っております。EIN取得だけはプロにお任せいただくほうが宜しいかと、これまでの経験上から強く感じております。EIN取得をご希望の際は、ぜひお申し付けください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。