冬景色のジグソーパズルを室内に飾る、パズルの衣替え

そろそろ紅葉が見頃になるからと、紅葉を見に行って撮った写真でもこちらでご紹介しようと思っていたのですが、11月に都心で54年ぶりの雪、かつ観測史上初の積雪を記録し、すっかり私の中ではもう今は冬のイメージになってしまいました。とはいえ、東京でいえば高尾山などで見られた【紅葉と雪の共存】はそれはそれでとても乙なものだったそうです。寒いからと二の足を踏まず、行けばよかったと少し後悔しました。

しかし、どちらにしてもやはり何となく「秋は終わったなぁ・・・」という印象のため、【パズルの衣替え】のご紹介は冬にすることにします。

パズルの衣替えとは?私自身の部屋にもインテリアとしてパズルが2つ掛けてあるのですが、このパズルの中身を入れ替える事を指します(勝手に名称)。ご注文いただく方の中には人物画像ではなく、かなりアーティスティックな画像や、キレイな風景画を頼まれる方も少なくありません。そういったインテリアとしてパズルを楽しまれたい方にオススメするのが【パズルの衣替え】です。

服は衣替えを行います。その方によってはインテリアも変えたり、家具でいうとこたつを出したり毛の長いあたたかい絨毯に変えたりされる事があるかと思います。それと同じ意味合いでぜひ、ジグソーパズルの中身も変えていただきたいのです。

幾つかご案内いたしますのでぜひ参考にしてみてください。

winter1

・・・線路です。完全に私の趣味になりますが、遠くまで延びている線路や道ってなんだかとても哀愁があり、好きなんです。その先に見えるのはあたたかい我が家か・・とか。以前確か線路沿いに咲いている紫陽花を収めた1枚をジグソーパズルにするご提案をした事があったと思います。相当線路好きです(笑)。

winter2

こちらは冬ではありますが色みとしては少しあたたかさを感じるジグソーパズルですね。冷たい冬山に射す太陽。シンとした、おそらくとても寒い日のはずなのに何かあたたかさを感じさせる不思議な画像だと思いピックアップしました。

winter3

これもかなり好きです。寒い冬の日に頑張って咲く山茶花。俳句の冬の季語ですから、ご存知の方も多いのではないでしょうか。冬の代表格の花だと思います。雪をどっさりと被っていますが、負けないという強さが感じられる、リビングに飾ってあったら素敵だなと思う画像でした。

winter4

クールなイメージの画像です。遠くに見える色のグラデーションや真っ青・・・というより濃紺な空が絵葉書としてもありそうな1枚ですね。スタイリッシュなお部屋に飾ってあったらお部屋のイメージも損なわず、更にかっこいいお部屋になるのではないでしょうか。

ぜひ、洋服だけでなく弊社のオリジナルジグソーパズルも衣替えをして、素敵なお部屋でお過ごしください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。