シャフト株式会社

過去にEINを申請した経験がある方の再取得

過去にEINを申請した経験がある方の再取得

まずEINを取得するためには、、IRS(アメリカ合衆国内国歳入庁)にSS-4書類を提出する必要があります。弊社にお任せをいただければ、弊社米国スタッフが直接IRSとコンタクトを取り、迅速に取得が可能です。

但し、ご自身で、あるいはどちらかの取得代行サービスを使って、IRSに一度でもSS-4書類を提出したことがある場合は、通常手段で取得ができなくなります。

日本では考えられないかもしれませんが、IRSという機関は、その時の担当者によって対応が全く異なります。FAXを送り、国際電話をかけ、完全に正しい手順を踏んで申請をしたとしても、実は受理されていなかった・・・というような話は、いくらでもあります。この時のIRS内部での対応が、申請自体が完全に無かったことにされていたり、中途半端に登録されていたり、登録はされているのに番号の伝達だけ行われていなかったりと、千差万別です。申請者側では判断ができず、何ヶ月待ってもEINが送られてこない・・・という結果は、ネット上でも多々見かけます。

SS-4を提出したのにEINが発行されない

そのため、EIN取得をご希望なのでしたら、ご自身では申請を行わず、最初から弊社にお申し込みいただくのが最善です。この方法であれば、確実に、かつ迅速に取得をさせていただきます。

ただ、もし既に申請したことがあり、IRSからEINが送られてこない場合は、以下の方法で弊社が再取得をさせていただきます。

再申請での取得方法 STEP1

再申請の場合、取得方法が全く異なります。申請に必要な処理が圧倒的に増えますので、取得料金も異なりますので、ご了承ください。

まずはお申し込みをいただき、ご申請プランで必ず「再申請」をお選びください。通常コースやお急ぎコースでは、お請け致しかねます。

その後、自動返信メールをご覧いただき、料金のお振込や、直筆署名入りSS-4の作成をお願い致します(手順や、分かりやすい資料を添付致しますので、このあたりのお客さまのご負担は、ほとんどありません)。

その後、直筆署名入りのSS-4を印刷し、その他資料と一緒に、弊社の米国スタッフがIRSにコンタクトを取らせていただきます。この段階で取得ができるかどうかは、過去の申請状況により変わります。このSTEP1のみで取得ができた場合には、すぐに弊社からメールでEINをお知らせさせていただきます。

IRSにEINの再申請処理

上記で取得ができない場合は、さらに以下の「再申請での取得方法 STEP2」に進みます。

再申請での取得方法 STEP2

SS-4書類と弊社で準備した書類、IRSへの直接訪問で取得できない場合は、こちらのSTEP2となりますが、最後まで丁寧にサポート致しますので、ご安心ください。

まずお客さまと日程を調整し、平日昼間の1時間くらいを空けていただきます。その設定した時間に、インターネットのつながったパソコンでSkypeを起動し、お待ちください。

弊社の米国スタッフがIRSと電話をしますが、つながった段階で、弊社米国スタッフ(日本人です)から、お客さまにSkypeでコールします。

その後、お客さま・弊社スタッフ・IRS担当者の3名で国際通話をしますが、お客さまはSkypeですので、通話料は一切かかりません。また、必要事項はすべてスタッフが通訳しますので、ご心配には及びません。お名前や住所、質問等に日本語でお答えいただくだけで、申請が進められます。

IRSと3者通話

多くの場合はSTEP1で取得ができるのですが、状況によっては、こちらのSTEP2が必要になる場合もありますので、予めご了承願います。

取得後のお知らせ

EINを再取得したあとは、すぐに弊社からメールでEINをお伝え致します。

また、EINを新規で取得した時には、IRSからエアーメールが届いております。この時の書類と同じものを、再度エアーメールで郵送してもらうよう、弊社からIRSに申請をかけさせていただきます。

万が一、数週間経ってもIRSからの郵送物が届かない場合には、お知らせください。

EIN取得代行サービス お申し込み

EIN取得代行サービス お申し込み
Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.