東京都調布市

調布PARCOの唐菜

投稿日:2018年5月9日 更新日:

先週、友人が私の家にあそびに来てくれました。帰りに、調布の雑貨店に行きたいという事だったのでそれに付き合い、そのまま夕飯へ。

唐菜

さほどお酒を好む友人ではないため、普通にご飯を食べようということになりました。調布駅前のPARCOに入り、レストラン街を見ていた所、中華のお店を発見。

唐菜と書いてありました。後から調べたところ、Tang Cai、タンツァイと読むらしいです。日本では”とうな”と読む、白菜の一種のようです。

友人がこのヤムチャセットに目を留めました。コースのようにいくつも種類があり、1人2,000円弱だったかと思います。

さっそく店内へ。他のお客様もいらっしゃったので店内写真はありません。

ヤムチャセットを2つ頼むと飲み物を聞かれましたが、温かいジャスミンティーがいただけるので特に飲み物は頼みませんでした。中華系や和食のお店って、お茶をいただけるのが本当にありがたいです。ジャスミンティーは中華、ほうじ茶や緑茶は日本食に本当によく合うので、むしろ他の飲み物は不要と思っています。

ラーメンか担々麺が選べるとの事だったので、2人とも担々麺に。

少し話していると、さほど待たずに1品目が到着。

ネギサラダかな?と思っていたところ、下から鶏肉が出てきました。バンバンジーサラダのような感じです。写真だとわかりにくいのですが、かなりたっぷり鶏肉が入っていました。

次に出てきたのが水餃子。ドレッシングのようなタレがかかっていて、さっぱりいただけるい一品です。

続いてヤムチャ4点セット。海老や野菜やお肉、どれも美味しかったです。

そして春巻き。かなり熱々で、友人は猫舌なのか最後まで苦戦していました。

そしてメインの担々麺・・を撮り忘れて食べてしまいました。食べ終えてから気が付きました(笑)。

食べ終えた後の器を一応撮影したのですが、あらためて確認したところ、やはり載せるものではないなと思ったため、担々麺の写真は無しです。ついつい温かくて美味しいうちに、という思いが出てしまうため、毎回どれか1〜2品撮り忘れという事がほとんどです。

担々麺の器のサイズは少し小ぶりでした。飲茶がたくさんあったので、食べ切れるようにというサイズになっているものと思われます。

デザートにゴマ団子で締めでした。

最近暴食が続き、胃に入る量が多くなっているため、私には少し物足りなく感じるくらいでしたが、友人は担々麺を食べきれずに残していました。おそらくちょうど良いか、女性だと少し多いくらいなのだと思います。

ふらっと立ち寄ったお店でしたが、とても美味しかったです。

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カリふぉるにあ(柴崎)

柴崎駅から北に向かい、鳥清と、竹とんぼを過ぎて、甲州街道にぶつかる少し手前にあるカレー屋さんが「カリふぉるにあ」です。平日のランチタイムのみ間借りして営業される、時間を限定した店舗です。 アメリカ・ロ …

肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場(調布)

京王線調布駅から、徒歩5分くらい歩きますと、ちょっとめずらしい名前の餃子専門店があります。「ダンダダン酒場」です。 店名のとおり、各種お酒も用意されているのですが、昼間にはランチメニューもあります。ラ …

中国料理 大翁(布田)

今回ご紹介するのは、京王線布田駅から徒歩1分の好立地にある、「中国料理 大翁」さんです。大翁は創業30年を超える老舗の中華料理屋。出前もやっていますので、おそらく調布(特に布田)近隣に住んでいる方は、 …

Timo(調布)

品川道沿い、布田駅と調布駅の中間あたりに、新規開店の準備をしているレストランがあり、以前から気になっていたのですが、2017年2月7日にオープンしたようで、訪問してきました。このお店は、弊社のオリジナ …

ReRaKuクロスガーデン調布店

体の調子が悪く、久しぶりにメンテナンスとリラックスのため、マッサージに行ってきました。今回訪問したのは、クロスガーデン調布の1階にあるReRaKu(リラク)さん。 お店に貼ってあるメニューはこんな感じ …