東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

国領駅前整骨院(国領)

現代社会は、仕事の疲労とストレスが当たり前で、体が疲れ切っている方も多いと思います。たまには身体のメンテナンスも必要。私も連日の激務で腰痛がひどくなってしまい、本格的に治そうと整骨院を訪れました。今回 …

らーめん ひゅうが(調布)

昨晩、仕事帰りに西調布のあたりの旧甲州街道を走っていたら、ちょっと気になる看板が目に入りました。これまでにも何度か見たことがあったのですが、「気になったからには即!」ということで入ってみました。「らー …

味功 -みこう-(国領)

先日、麺飯坊 無双という、国領駅付近の大変美味しい中華屋さんをご紹介致しました。今回ご紹介するのは、国領駅から見ると無双の反対側になりますが、旧甲州街道沿いにある味功(みこう)さんです。 店内がものす …

アフタヌーンティー・ティールーム 調布パルコ(調布)

京王線調布駅に隣接する、調布パルコ。この調布パルコの1階で、道路に面している喫茶店が「アフタヌーンティー・ティールーム 調布パルコ」です。 なんだか随分と長い店名ですが、アフタヌーンティーという名前で …

四季楽(調布店)

最近は、お陰様で大変に忙しい日々を過ごしております。そんな多忙な日常のせいか、あるいは私の身体が弱いせいか分かりませんが、腰のあたりに痛みを感じることが多くなってきました。たまには身体のメンテナンスを …