東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

焼肉きんぐ(調布)

品川道沿い、布田駅と調布駅の中間地点で、以前カウボーイ家族のあった場所にできた、新しい焼肉店が、焼肉きんぐ調布店です。ご覧のとおり、大きめの駐車場あり。 入り口はいると、受付の機械がありますが、電話等 …

ニワトリケイジ(布田)

シャフト株式会社の近くにあるため、仕事の打ち上げや懇親会などで、やきとり大吉さんをよく使わせていただきました。が、同店は店主の武井敬二さんが独立され、同じ場所で「ニワトリケイジ」として再出発されました …

ミス調布2015の3名に写真パズルプレゼント!

2015年11月に、「ミス調布の3名と顔合わせ!」という記事を書かせていただきました。さすがミス調布。この記事はいついかなる時も人気の記事で、様々な方にお読みいただきました。 実はこの時から計画をして …

ツタヤ(西調布)

先日、お世話になっている方にご紹介いただいたカリーナキッチンへ、ランチに行こうとしました。が、残念ながらその日はお休みだったようで、その隣にある無国籍料理「ツタヤ(TSUTAYA)」へ入らせてもらいま …

一富士(仙川)

京王線仙川駅の南側(甲州街道と逆)の線路沿いを、新宿側に向けて歩ける細い道路があります。この道を駅から数十m歩いたところに、一富士(いちふじ)という、とんかつ屋さんがあります。 一階はテーブル席がメイ …