東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ふじしま(国領)

私が調布市に引っ越してきたのは、今からおよそ10年ほど前。その頃に、地元の呑み屋さんを開拓する目的で、色々なお店を回っていたことを覚えています。国領駅のすぐ近くで、AKICHIの向かい、というか隣にあ …

小学生のジグソーパズル早組大会まで、あと3日!

2017年8月26日(土)、12時30分から調布市国領町において、ジグソーパズルの早組大会が行われます。対象は小学校1年生から6年生まで。 各学年ごとに優勝者を決め、大会後には表彰させていただきます。 …

鳥文(国領)

私は焼鳥を食べながらお店で呑みたいと思った時は、布田駅近くの竹次に行くことが多いです。焼鳥を買って自宅で食べたいと思った時は、肉のタナベで購入することがほとんど。・・・なのですが、もう一つ自宅に近い焼 …

染地公園(調布)

調布市の品川街道沿いにある、第二小学校という丁字路。ここを多摩川方面に向かって真っ直ぐ南下していくと、染地公園という中規模サイズの公園があります。 こちらが入り口の写真。染地公園に入ってすぐの場所には …

ほうきや本店(西山商店)(調布)

調布市商工会の繋がりから、旧甲州街道沿いにある西山商店を訪問させていただきました。 こちらでは、創業から100余年、ずっと箒を作り続けてきたことから、ほうきや本店の屋号がつけられたそうです。その名のと …