東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ふじしま(国領)

私が調布市に引っ越してきたのは、今からおよそ10年ほど前。その頃に、地元の呑み屋さんを開拓する目的で、色々なお店を回っていたことを覚えています。国領駅のすぐ近くで、AKICHIの向かい、というか隣にあ …

一休庵(調布)

深大寺の周囲には、数えきれないほどのお蕎麦屋さんが点在しています。その中で、深大寺のすぐ脇にあるのが、こちらの「一休庵」さんです。 ちょっと写真を撮影した角度が悪いので写っていませんが、この御店の正面 …

Cafe Gallery さえずり(調布)

京王線布田駅から北上し、旧甲州街道と交わる交差点に、オシャレな喫茶店があります。そちらが、「Cafe Gallery さえずり」さんです。駅から歩いて2~3分の場所です。前々からカフェがあることは気づ …

スナックルーム シルエット(調布)

先日、テレビで放映された超激辛の死神ハンバーグを食べさせてくれる、「カフェ&キッチン ムカイ」へお邪魔しましたが、そのムカイさんの真横にあるお店が「スナックシルエット」です。 あまり訪問機会のないスナ …

映画のまち調布“夏”花火2016

本日夜は、調布市のビッグイベント「調布夏花火大会」が開催されます! 調布市商工会青年部も、京王多摩川会場で屋台出店をするので、今日は少しだけですが、お手伝いに参加させていただきました。 京王多摩川会場 …