東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

魚の飯(調布)

今回は、調布駅のすぐ近くにある、「魚の飯」というお店をご紹介致します。魚の飯と書いて、「さかなのまんま」と読みます。シャフト株式会社の本社がある国領や、オリジナル工房のある布田からは若干離れていますが …

精華楼(柴崎)

先日、家族を連れて柴崎へ夕飯を食べに行きました。特に行くお店も決めず、適当にフラフラしていたのですが、柴崎駅の近くにそれっぽい中華料理屋さんがあったので、そこに入ってみました。精華楼(せいかろう)さん …

焼鳥びん(国領)

シャフト株式会社の最寄り駅は、京王線国領駅になります。この国領駅の近くに古くからあるということで、私はよく「もぐら」というお店に行かせていただいております。もぐらは地下にあるお店なのですが、この1階に …

三進(仙川)

昨晩は、調布青年会議所の打ち合わせ兼懇親会ということで、仙川にある鰻屋さんへ行ってきました。三進(さんしん)さんです。 仙川駅から桐朋学園に向かっていく商店街の中にあります。最初は見つけられなかったの …

フィット整骨院 国領院(調布)

シャフト株式会社の本社から歩いて1分。第2小学校の近くにある品川街道沿いに「フィット整骨院 国領院」という整骨院があります。ブーランジェリースノウチ、キッチン加菜の隣で、丁字路の角。以前から気にはなっ …