東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

若松屋(調布)

弊社が本社とオリジナル工房を構える東京都調布市は、ご飯のデカ盛りで有名な市でもあります。デカ盛りイベントもよく開催されており、テレビ番組に取り上げられることも、しょっちゅうです。そんなデカ盛りですが、 …

陶工房 みかガマ(調布)

先日、2016年11月5日(土)に放映された日テレ「ぶらり途中下車の旅」をなんとなく観ていたところ、国領が取り上げられていました。番組冒頭では、私も知っている道を小島奈津子さんが歩いておられたのですが …

EVE(調布)

調布市内の、とある団体の皆さまに誘われて、食事会のあとに調布百店街に行ってきました。今回訪問したのは、百店街の中でも調布駅側に近い場所の2階にある、EVE(イヴ)というガールズバーでした。位置的には、 …

エビスつつじヶ丘店(調布)

京王線つつじヶ丘駅を南側に降りて、すぐ目の前にあるのが、エビスつつじヶ丘店さんです。 昭和の雰囲気ただよう、煌々とした外観のお店に入ってみると、これまた昭和っぽい、落ち着いた雰囲気のお店です。汚いとい …

スリバチらーめん大鉢亭(調布)

先日、もぐらのマスターから美味しいラーメン屋さんがあるとご紹介をいただいたので、本日のランチで初訪問してきました。スリバチらーめんの大鉢亭さんです。 西調布にあるため、シャフト株式会社からは若干の距離 …