東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

吉春(国領)

京王線国領駅からヨーカドーに向かって狛江通りを進み、ヨーカドーとデニーズのある交差点の100m手前に、手作り餃子専門店「吉春(よしはる)」さんがあります。国領駅川から見ると、ポルト・ディ・マーレを越え …

相撲めし皇風ノ店(調布)

京王線調布駅のすぐそば、旧甲州街道から少し甲州街道側に入ったところに、「相撲めし」という、めずらしいお店があります。元相撲取りの店主さんが、現役時代に食べてきた相撲めしを皆さんにも召し上がっていただき …

ローカルインディア(調布パルコ)

京王線調布駅をおりて、すぐ目の前のパルコの7階に、「ローカルインディア調布パルコ店」というカレー屋さんがあります。こちらは、仙川駅のすぐ近くにあるローカルインディア仙川店と同じ、姉妹店です。 メニュー …

カリーナキッチン(上石原)

利用しているペットサロンは西調布駅に近く、いつもそのペットサロン近辺で愛犬のカットやシャンプーが終わるまで時間を潰しております。 普段はお気に入りの、以前ご紹介もしたPANTRY COFFEEでコーヒ …

さか本そば店(国領)

昨日は、お客様がご来社になり、経理も交えた状態で朝から昼過ぎまで会議を行っていました。午後もすぐに作業にとりかからなければならない為、どこかへ食事に行く時間もなく、久しぶりに出前をお願いしました。2年 …