東京都調布市

布多天神社(調布)

投稿日:2016年6月5日 更新日:

今回は、調布市で最も有名と思われる、布多天神社をご紹介します。「布田」ではなく、「布多」と書かれているのは誤植ではなく、正しい意味合いがあったのです。

平安時代最初の天皇である桓武天皇の時代、延暦18年(799)に中国から木綿の実が渡ってきましたが、これを布として織る知恵と技術が国民にありませんでした。その当時多摩川の近くに住む広福長者という方が、木綿から布を織り、これを多摩川に晒して調えた白布を朝廷に納めました。これがわが国の木綿の初めといわれています。

天皇はこの布を調布(てづくり)と名づけ、この地を調布の里と名づけたと言われています。後にこの布が国中に流布され、調布の神社を布が多く作られた所として布多天神社と改めたと記されています。

その後、江戸時代に甲州街道が作られ、上石原、下石原、上布田、下布田、国領の五宿ができ、布田五宿と呼ばれました。 当時、布多天神社は布田五宿の総鎮守であり、五宿天神と崇め祀られておりました。

そして布田五宿は、明治二十二年に飛田給、上ヶ給と合併して調布町となり、布多天神社は調布町総鎮守となりました。江戸の頃より今日まで、毎月25日は天神市として市がたっています。

布多天神社1

布多天神社2

布多天神社3

-東京都調布市
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

てゃん亭゛(柴崎)

この店は既に閉店しており、現在は「どんぐり」になっています。   先日、柴崎へ足を伸ばした際にあんとくと、蹊食堂で食事をさせていただきました。その時に気になったのですが、新しいラーメン屋さん …

双葉(調布)

シャフト株式会社オリジナル工房がある、椿地蔵の交差点から、まっすぐ布田駅の方に向かって歩いて行くと、右手に見えてくるのが「双葉」さんです。 こちらのお店は、中華料理の定食屋さんですが、とっても美味しい …

AP KITCHEN(つつじヶ丘)

つつじヶ丘でカレー屋さんといえば、出前もしてくれるエベレストキッチンがあり、弊社でもよく利用させていただいておりました。が、今回訪問したのは、同じくつつじヶ丘にある、先月できたばかりのAPキッチン(A …

no image

ゆうパケット、シャフト株式会社が東京で第1号の契約となりました

日本郵便様の郵パックは有名なサービスですが、新しく「ゆうパケット」というサービスが開始されました。これは始まったばかりなので、ご存じない方も多い、というか、ほとんどの方がご存じないと思いますが、可変型 …

華肴(国領)

先日、私が新たに入会させていただいた調布青年会議所(JC)の理事会が行われました。理事会後に懇親会がありましたが、同じくJCメンバーの一人が開いているという、国領の「華肴(かこう)」というお店に訪問し …