シャフト株式会社

オリジナルジグソーパズルの作り方

あなたのお気に入りのお写真から、
オリジナルジグソーパズルを製作します

オリジナルジグソーパズルの作り方

お客様から時々「オリジナルジグソーパズルの作り方」や「写真をパズルにする機械って、どんなモノ?」というご質問をいただきます。パズルの作り方やパズルマシーンについて不思議に思われるお客様もいらっしゃいますので、本ページで詳しくご紹介したいと思います。

オリジナルジグソーパズルの作り方

尚、「個人で作ってみたいので、作り方を教えてください」とか、「個人でも作れますか?」というご質問をいただくこともございます。決して不可能ではありませんが、特に最後のピースカットをする際に、個人の場合だとどうしてもカッター等で裁断することになります。カッターでは綺麗に裁断することはできませんし、怪我の心配もございます。

仕上がりを見れば一目瞭然の出来栄えとなってしまいますので、下記をご参照いただき、オリジナルジグソーパズル作成のプロにお任せいただくのが最適かと思います。

写真をジグソーパズルのサイズに合わせてリサイズ

オリジナルジグソーパズルは、縦型・横型のどちらにも対応していますが、サイズは決まっています。例えばLサイズのジグソーパズルであれば、285mm×399mmという仕上がりサイズは確定していますが、これに正方形の写真を当てはめようとしても無理があります。そこで、オリジナルジグソーパズルを作る際には、まずジグソーパズルの縦横比に合わせて、写真をパソコン上でリサイズします。これが、「オリジナルジグソーパズルの作り方」の第一歩目となります。

オリジナルジグソーパズルの作り方

写真を光沢紙に印刷

「オリジナルジグソーパズルの作り方」その2は、上記でリサイズした写真を印刷することです。シャフト株式会社では、光沢感のあるコート紙にオンデマンド方式4色レーザー(1200×2400dpi)で印刷をしています。この時、実際の仕上がりサイズより僅かに大きめに印刷を行うのがポイントです。

厚紙に貼り付ける

「オリジナルジグソーパズルの作り方」第3ステップは、印刷したコート紙をボール紙に貼り付ける作業です。シャフト株式会社では、様々なサイズで試行錯誤した結果、ピースをはめた時に最もフィット感を得られる2mm厚のボール紙を使用しています。

このボール紙に、ヘラ等を使用して、印刷したコート紙を丁寧に貼っていきます。貼り終わったら、パズルサイズからはみ出す部分をカットしていきます。上記の「作り方2」で実際のパズルサイズより若干大きめに印刷したのは、ここでカットしても未印刷部分等が残ったりしないようにするためです。

オリジナルジグソーパズルの作り方

専用プレス機で裁断

「オリジナルジグソーパズルの作り方」最終ステップは、いよいよピースカットです。

一つ前のステップで作った厚紙を「写真をパズルにする機械」、つまりプレス機にかけるわけです。弊社のプレス機は、写真をパズルにする事だけを目的に、数百万円かけて独自に開発した、30tの力を持つ油圧式プレス機です。このプレス機を使って、厚紙をジグソーパズルの形になるよう、裁断していきます。

写真をパズルにする機械

わずか2mmの厚さとはいえ、30トン位の力がないと、綺麗に裁断することができません。この時、ジグソーパズル本体(2mm厚)と下に敷く台紙部分を重ねた状態で、一気にトムソン刃という専用の刃で裁断します。ジグソーパズル本体は完全に刃を落とし、台紙部分は落としきらないように調整することで、パズル部分と同じ形の台紙を製作しています。

専用プレス機で裁断している動画は、以下でご覧いただけます(1分7秒あたりから)。

ピースカットは専用の機械で行いますが、数mm単位の調整を、職人さんが長年の経験を生かし、一つ一つ手作業で作成しております。そのため、全く同じお写真を使ったとしても、寸部の狂いもなく完全に同じものというのは、二度と作ることができません。

オリジナルジグソーパズルの作り方

如何でしたでしょうか? 本ページでは、オリジナルジグソーパズルの作り方を、詳細にご説明致しました。何より難しいのは、「作り方最終ステップ」の裁断部分です。専用プレス機を使い、熟練の技術者が作るからこそ、細部までこだわった美しいジグソーパズルが出来上がるので、個人作成ではここまでの完成度を出すことは極めて難しいかと思います。ぜひ一度、シャフト株式会社のオリジナルジグソーパズルをお試しください!

オリジナルパズル ご注文

ご注文はこちら
Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.