画像の色をモノクロにしてジグソーパズルを作る

弊社では皆様からいただいたお写真を、基本的にはそのままジグソーパズルにいたします。ご希望によっては文字入れしたりするなどもいたしておりますが、こちらでは”あえて”モノクロでお作りするケースをご案内したいと思います。

モノクロは、モノクロームという言葉の略です。モノクロームには単色という意味があり、モノクロと言えば白黒だというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、色に限定はありません。一般的にセピアと呼ばれることが多い色みも、茶色と白で構成された【モノクロ】の一種です。その他白地に青色だったり、黄色地に黒色だったりと、とにかく単色の濃淡で構成されているものがモノクロに分類されます。しかし、写真であったり、ジグソーパズルにするのにあたっては、やはり変わった色みの【モノクロ】よりも、白黒やセピアの方が見やすく、かつ、雰囲気が出るかと思います。以下でカラー画像を何点か白黒やセピアにしてみたいと思います。

動物バージョンです。いかがでしょうか。元の毛並みがグレーの猫を被写体に選んでしまったため少し差が出にくい結果となってしまいましたが(笑)、両方ともイメージだけでも掴んでいただけましたら幸いです。勿論カラーでも可愛いんですけれど、ちょっとクールな印象になるかと思います。

いいですよねー海外。街並みだけで何だか絵になっています。老夫婦の後ろ姿をメインにセピアにしてみました。お二人が一緒に歩まれてきた年月を勝手に想像してみたくなります。

こちらは日本の街並みです。とある温泉街をセピアにしてみました。セピア調の色みにするとノスタルジックなイメージが強くなる気がします。オレンジのような赤のうような、茶色のような・・・全体がこの色で統一されると、おそらく夕焼けのような色みが演出できるので、郷愁を感じさせるような1枚になるのでしょう。10年ほど前に上映されていた”ALWAYS 三丁目の夕日”がまさにこのようなイメージではないでしょうか。この時代には残念ながら私は産まれていませんが、あの映画を観た時に感じた、ほっこりとするようなご近所との関係だったり、暮らしぶりであったり・・・。そんな1場面を演出してくれる感じがしてかなり好きな色みの1枚です。50代以上の方に送られたらきっと目を細めて懐かしんでくれるのではないでしょうか。その方に縁のある場所を撮影いただき、それをセピアにすると尚の事だと思います。

普通のジグソーパズルも良いけれど、たまには変わった色みでオリジナルのジグソーパズルを作られてみたいという方、ぜひいちどご相談ください!

ジグソーパズルの表面が剥がれてしまった場合の修復方法は!?

ジグソーパズルを何度も組み立ててはバラして・・・と遊んでいると、いつか表面の絵柄部分が剥がれてしまうことがあるかもしれません。

基本的には、ジグソーパズルのピース修復というのは、出来ないものとお考えいただいた方が宜しいかと思います。但し、ダメ元でもいいからなんとかしたい! と思われている方もいらっしゃるかもしれませんので、自己責任になってしまいますが、ピースの修復方法の一部をまとめさせていただきました。

ご興味のある方は「ジグソーパズルの絵柄が剥がれた!修復するには?」のページをご参照くださいませ。

スエヒロ館(調布国領店)

シャフト株式会社の本社とオリジナル工房は、ともに品川道沿いにあります。このちょうど中間地点になるのですが、駅で考えると国領駅と布田駅の中間あたりに、スエヒロ館という焼肉屋さんがあります。ところが驚くべきことに、このお店の隣の隣(紳士服のAOKIを挟んで2軒目)に、またスエヒロ館が出来てしまいました!

お店をつくっている最中に「超近距離で移転するのかな」と思っていのたですが、違いました。以前からあるスエヒロ館の方は焼肉屋さん。そして新しくできた方のスエヒロ館は、ステーキ&ハンバーグをメインにしたお店でした。同じ名前、同じお肉を扱った店ですので、お店で待ち合わせをする場合は注意が必要ですね。

今日たまたまお店の前を歩いていたのですが、ちょうど今日がオープンの日でした。しかも私が店の前を通りかかったのは11時40分頃。開店が11時30分だったので、お店がOPENしてからわずか10分後にたまたま通りかかったことになります。ということで、これも何かの縁と思い、早速入らせてもらいました。

店内に入ると、大きな文字でサラダバー、スープバー、ブレッドバー、ドリンクバーという4つのコーナーが見えます。ドリンクやパンが欲しい方は、注文時にそれぞれオプションで加えることで、各バーが利用できるようになるシステムでした。

今回は、メインの北海道産プレミアムハンバーグを注文。ソースも複数種類から選べ、写真右上に見えるピンク色の岩塩もテーブルまで運んでくださいました。

料理やシステムは、同じく品川道を調布方面に向けて走った場所にある、カウボーイ家族に似ていますね。カウボーイ家族の方は、パスタやらピタ等、食べ放題でいただける品揃えは多いように感じましたが、ブレッドコーナーはスエヒロ館ならでは。

カウボーイ家族が好きな方は、ぜひ一度こちらもお試しになってみては、如何でしょうか。

  • 店名:スエヒロ館 調布国領店
  • 電話:042-443-1129
  • 住所;東京都調布市国領町5-38-5
  • 時間:11:30~24:00
  • 定休:年中無休

パズルに最適なのは、木製フレーム?アクリルフレーム?

ジグソーパズルが完成したあと、それをリビングや自室に飾ろうとした場合、必ずフレーム(額縁、枠)が必要になります。このフレームには様々な材質や機能、形状がありますが、最も多く見られるのが「木製フレーム」と「アクリルフレーム」になります。

パズル用木製フレーム

ではオリジナルジグソーパズルを飾ろうとした場合、最も最適なのは木製フレームでしょうか? それともアクリルフレームなのでしょうか?

パズル用アクリルフレーム

それぞれのメリット・デメリットを細かく分析してみました。これからオリジナルジグソーパズルの購入を考えていらっしゃる方は、完成後のパズルを飾るフレームにも焦点をあててお考えいただければと思います。ぜひ一度「木製フレームとアクリルフレーム、ジグソーパズルにはどっちがおすすめ?」のページをご参照ください!

鯛幸房(国領)

皆さんは「たい焼き」ってお好きでしょうか? そんなに頻繁に食べるものではないかもしれませんが、時々懐かしくなって食べたくなることがありますよね。

シャフト株式会社のある京王線国領駅のすぐそばに、「鯛幸房(たいこうぼう)」という名前のたい焼き屋さんがあります。しかし、ただのたい焼き屋ではないのです。鯛幸房さんは、なんとNIKKEIが行ったなんでもランキングで全国3位! 東京都内では1位に輝いた名店中の名店なのです。

国領駅の改札を出たら左(旧甲州街道方面)に向かって歩くと、栄福記というラーメン屋さんがあるのですが、その横に鯛幸房があります。人気店のためご覧のとおりの盛況ぶりですが、回転が早いのですぐに順番がまわってきますので、ご安心を。

つぶあん、しろあん、カスタード、季節あん等がありますが、珍しいのはボーノというピザっぽいたい焼きで、私はこれが大好き。

写真の右側がノーマルなつぶあんで、左側がボーノ。ウィンナー等も入っているので、小腹が空いた時にも、美味しいおやつになります。

また、たい焼きを購入するとおまけで羽根の部分をくだいたものを沢山詰めてくれます。羽根の部分が好きな方も多いでしょうから、嬉しいサービスですね。

  • 店名:鯛幸房(たいこうぼう)
  • 電話:042-446-2202
  • 住所:東京都調布市国領町2-5-15
  • 交通:京王線国領駅から102m
  • 定休:木曜日、第三水曜日

オリジナルパズルがサプライズギフトに最適な理由と、価格別最適商品!

皆さんが、大切な方にプレゼントを渡すとした場合、どんなことを考えますか? 渡す品物やシチュエーション等、色々と考えられることはありますが、今回はその中でも2点に絞って考えてみました。

まずは「サプライズ度」です。どうせプレゼントをするからには、お渡しした方が「えっ!?」て驚くようなものにしたいですよね。例え高い買い物になったとしても、その驚きの顔を見ることができれば十分!と考えられる方も多いのではないかと思います。

もう一つは「お値段」。今のお財布状態を考えて、予算オーバーをしてしまっては、ご自身の生活に影響が出てしまいますので、よくありません。ご自身の状態や、お相手の年齢やお付き合いの関係性等から考えて、プレゼントする品の予算はよく考えましょう。

弊社で販売しているオリジナルジグソーパズルは、サプライズ性抜群! しかも一番安いものなら980円から購入でき、サイズアップやオプションを追加していくことで、高価なプレゼントにすることもできる、非常に汎用性の高いギフト商品です!

オリジナルジグソーパズル

今回、「オリジナルジグソーパズルがサプライズに最適な理由4選」と、「予算から選ぶ!オリジナルジグソーパズルのおすすめサイズ」という2つのコンテンツをまとめましたので、ご興味のある方はぜひご覧ください!

花みずき(調布)

京王線布田駅から、深大寺の方に向かってまっすぐ進んでいくと、いずれ野川にぶつかって小さな橋があります。この橋の直前を左折してすぐの所に、小さな飲食店がありました。予め知っていないと、とてもじゃなくけど気づくことはできない程、普通の一軒家っぽいお店ですが、ここが隠れた名店なのです。知る人ぞ知る調布の名店「花みずき」さんです。

甲州街道側から向かうと、ネパール食堂DEVIを越えて300mくらい走った左手になります。

花みずきさんの前には、車が2台駐車できるスペースがあります。もしそこが一杯だったとしても、目の前にコインパーキングもあります。駅から1kmも離れていますので、立地条件は悪いかもしれませんが、車で行けるのであまり気にならないでしょう。

花みずきさんは、1991年に開店した手作り料理のレストラン。「友人宅のように、リラックスして料理を楽しんでもらいたい」という想いから始まったこのお店。ランチは、本日の和風セット(1,030円)、ハンバーグセット(1,100円)等があります。今回はハンバーグセットのチーズのせブラウンソースを頼んでみました。

もうね、一口食べただけでファンになります。文章で表現することは難しいので、ぜひ召し上がってみてください。本当に美味しい絶品バーグでした!

スープやサラダ、そして食後にはドリンクまでついて1,100円(しかもライス大盛りは無料)。

とっても残念なのは、今は平日のディナーはお休みになっているようです。

シャフト株式会社のオリジナル工房は、品川道沿いの椿地蔵交差点にあります。ここから自転車で真っ直ぐ走れば着きますので、ちょっと距離はあるかもしれませんが、夜にボールを呑みながらハンバーグをいただいてみたいものです。

  • 店名:花みずき
  • 電話:042-483-7497
  • 住所:東京都調布市調布ヶ丘3-56-1
  • 交通:調布駅から1,006m
  • 定休:月曜日

ココナッツ倶楽部(調布)

先週、ばさらに行った帰りに旧甲州街道を歩いていたら、有名なスナックの前を通りかかりました。地元では有名なお店で、前々から入ってみたいと思ってはいたので、この機会に初めて入店させていただきました。ココナッツ倶楽部というスナックです。

ココナッツ倶楽部さんは、玉川屋の奥にある階段を登って、2階にあります。お店は結構広く、30人くらいは入れそうでした。

このお店には名物店長さんがいらっしゃいます。とにかく派手な方で、インパクト大! 強面かもしれませんが、お話をするととても気さくに対応してくださいます。

因みにココナッツ倶楽部の名前の由来も聞いてみましたが、「旦那が元サーファーで、そこから来ているのよ」と、店長の奥様が教えてくださいました。

  • 店名:ココナッツ倶楽部
  • 電話:042-487-1211
  • 住所:東京都調布市布田2-33-3

ばさら(調布)

府中駅の近くに「牡蠣BASARA」という牡蠣の名店があります。以前訪問したことはあったのですが、同じ系列のお店が調布にもあり、ついこの間、プチ同窓会で使わせていただきました。和酒厨房 ばさら 調布店さんです。

相撲めし皇風ノ店の、隣の隣にあるばさら。相撲めしも珍しいですが、調布で牡蠣を専門にしているお店も珍しいですね。このあたりは面白いお店が多くて好きです。

カキは一つ500円程度ですが、4種盛りという産地別の牡蠣が4個セットになった、お得なメニューが有ります。

写真には入り切りませんが、今回は4種盛りを7皿注文させていただき、私は一人で10個くらい戴いたかも。当たることもなく、美味しくいただくことができました!

  • 店名:和酒厨房 ばさら 調布店
  • 電話:042-455-2272
  • 住所:東京都調布市布田1-26-12
  • 交通:京王線調布駅東口 から徒歩3分
  • 時間:[月~土]17:00~01:00、[日・祝]17:00~24:00
  • 定休:無休

赤城クローネンベルクの想い出

群馬県前橋市にある赤城山でワカサギ釣りをした帰りに、前橋市のドイツ村「赤城クローネンベルク」を訪問してみました。

こちらが、赤城クローネンベルクの入り口。入り口横のカウンターで入場券を購入して、中に入ります。

クローネンベルク内には様々な施設があるのですが、最初に目に入ったのは、手作り体験教室。弊社(シャフト株式会社)では、オリジナルジグソーパズルを始めとした各種オリジナルグッズを、すべて職人の手作業で製作しているため、「手作り」というワードにはどうしても反応してしまいます。

今回はタッチの差でソーセージ作りには間に合わなかったのですが、オカリナの絵付けが出来たので、そちらを体験させていただきました。

1本500円と、ちょっと高めの値段設定ですが、自家製ソーセージも売っていますので、

ビールと一緒に頂戴しました。この他にも、

山羊の餌付けや、

おもしろ自転車乗り場等もありました。おもしろ自転車エリアでは、ちょっと変わった形状の自転車が20台近く並んでおり、好きなものを乗ることができるエリアです。

12矢入って500円のアーチェリーや、

パターゴルフのエリアもありました。

何がドイツ村なのか分からなくなってくるエリアも若干ありましたが、上記のとおり非常に様々な遊び場があります。本当はさらに別の場所もあったのですが、時間の関係ですべて回ることはできず。

そして、この赤城クローネンベルクに入ってから出るまで、ずっと感じていたことがあります。それは「空いている」ということ。3連休最終日で、快晴のお天気にも関わらず、とにかく空いていました。施設としてどうなのかは分かりませんが、お客さんとして行く分には広々と使えますし、待ち時間もありません。なのに施設内の景色は素晴らしく、遊び場所も沢山あるため、かなりの穴場スポットではないかと感じました。

施設内でたくさん遊んだら、きっと想い出の写真が残るはず。素敵なお写真が撮れましたら、ぜひ弊社までその画像をメールでお送りください。たったそれだけのことで、その写真が世界にひとつだけのオリジナルパズルにすることができます!

旅の想い出を一生の記念に。

気になった方は、ぜひオリジナルジグソーパズルのページをご覧ください!

  • 名称:赤城高原牧場クローネンベルク
  • 住所:群馬県前橋市苗ヶ島町2331
  • 時間:10時~16時
  • 電話:027-283-8451