シャフト株式会社

良い画像の選び方

あなたのお気に入りのお写真から、
オリジナル時計を製作します

良い画像の選び方

基本的には、どんなお写真からでもオリジナル時計は作成可能です。

ただし、せっかくお作りいただくのですから、少しでもクオリティの高いものをお届けしたいと思っております。そこで、時計にするお写真をメールでお送りいただく際、ぜひ先に以下の注意点をご覧くださいませ。こちらをお守りいただくだけで、仕上がりもグッと良くなります。

1.針穴の位置を考える

お写真をメールでお送りいただく際、その写真を時計に埋め込んだ時の状態をイメージしてみてください。

どんなお写真からでも、お客さまのご要望であれば製作させていただきますが、お顔のど真ん中に針穴があったりすると、やはり気持ちのよいものではないと思います。

針穴の中心に顔がある

ほとんどの時計は、針穴の位置がほぼ時計の中心となりますが、中には大きく左右どちらかに寄った穴位置の時計もございます。ご希望の時計に写真を埋め込んだ状態をご想像いただき、ベストだと思える画像をお送りくださいませ。

針穴と顔が被らない

2.できるだけ大きな画像を

これは時計だけでなく、どんな写真入りグッズについても言えることですが、画像は大きければ大きいほど、印刷時のボヤケがなく、綺麗に印刷することができます。

例えば、スマホで撮影した画像等は、かなりの高解像度でスマホ内に保存されています。これをそのままメールでお送りいただければ良いのですが、画像送信時に 大きな画像でオリジナル時計を圧縮等をしてしまうと、弊社には小さな画像として届いてしまいます。画像は圧縮などをせず、高解像度のままお送りくださいませ。

なお、ご希望の時計の縦横比や画素数につきましては、推奨画素数に一覧でまとめておりますので、ご参照ください。

3.写真の端っこにメッセージ等を書かない

時計にお写真を転写する際、どうしても端っこの数ミリ程度は断ち切れてしまいます。

写真の端ギリギリのところにお顔や文字が入っていると、そこはうまく時計に乗らない可能性が出てきてしまいます。そのため、メッセージ等をご自身で加工される場合は、少し内側に書くことを意識してください。

写真の端は切れる可能性あり

細かいことは分からないけど、写真にメッセージを書きたい・・・という方は、お申し込み時に「画像加工」をご選択いただければ、弊社にて画像加工も担当させていただきます。

オリジナル時計 一覧

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.