シャフト株式会社

ジグソーパズルは認知症予防になる?

あなたのお気に入りのお写真から、
オリジナルジグソーパズルを製作します

ジグソーパズルは認知症予防になる?

歳を重ねると心配なのが認知症。そうでなくとも、徐々に気力や体力が衰えてきて昔のようにアクティブには動けず、何かを楽しむ気持ちすらも一緒に衰えてしまう、なんて方も多くいらっしゃいます。そんな方にこそおすすめしたいのがジグソーパズルです。ご高齢のご家族をお持ちの方も、ぜひ御覧ください。

ジグソーパズルは認知症予防になる?

ジグソーパズルが遊びリテーションに適している理由

みなさま、遊びリテーションという言葉をご存知でしょうか。元々、理学療法士の三好春樹さんが提唱した、【遊びやゲームなどを取り入れ、楽しく行えるリハビリテーション】という意味の言葉です。

ジグソーパズルが遊びリテーションに適している理由

基本的な話になりますが、そもそもジグソーパズルというものはイラストや写真を幾つかのピースに分解し、分解した物を再び組み立てるものです。元は教育のための知育玩具として作られたのですが、なにもお子様にのみおすすめの玩具ではありません。ジグソーパズルは色の判別・図形の認識・記憶・知覚統合力・空間把握力といったさまざまなものを養う事ができます。かつ、手を使用してピースを回転させたり、はめ込むなどの細かい作業を必要とするため、それら全てが脳を活性化させ、結果認知症の予防につながるのです。

ジグソーパズルであれば【リハビリをしている(させられている)】という意識も薄く、楽しんで続けることができます。無理やり「やらないと認知症になるよ」等と言われてやらされるのは誰でも嫌ですよね。他のゲームのようにルールを教える必要もなく、どなたでもいきなり始められるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

ジグソーパズルが遊びリテーションに適している理由

リハビリ効果もあり、団欒のきっかけにもなるジグソーパズル

シンプルながら奥深いジグソーパズル。もしご家族のお写真やお気に入りの風景の写真など、好きな絵柄のジグソーパズルであれば完成させる喜びもひとしおです。シャフトのオリジナルジグソーパズルならそれが可能ですので、一つ組み上がったら今度はお孫さんの写真、など更に次々作りたくなるかと思います。リハビリしているという感覚を持たずにリハビリができる、まさに遊びリテーションにぴったりのグッズです。誰かと協力して組み立てるのも団欒のきっかけになっておすすめですよ。

団欒のきっかけにもなるジグソーパズル

ジグソーパズルは脳にいい? 特集一覧

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

あなたの好きなお写真を使って、世界にひとつだけのオリジナルジグソーパズルを作成致します!既製品とは異なり、記念品やプレゼントにも喜ばれる最高の商品を、ぜひご覧ください!

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.