シャフト株式会社

ジグソーパズルは脳にいい?

あなたのお気に入りのお写真から、
オリジナルジグソーパズルを製作します

ジグソーパズルは脳にいい?

ジグソーパズルといえば、いくつもの欠片に分かれたピースを、絵柄や形状をヒントにして組み上げていき、元の一つの絵に戻していく、ゲームの一種です。市販されているジグソーパズルであれば、綺麗な風景やキャラクターもの。弊社で販売しているパズルなら、お客様の写真を使って作る、世界に一つだけのジグソーパズル。どのようなものであれ、完成した時の写真やイラストというのは、その人の思い入れがあったり、大好きな絵柄であるはずです。そのため、組み立てている時も楽しく、沢山のピースであれば難易度も高く、ゲーム性が高くなっていきますので、どちらかというと大人が楽しむイメージが強いかもしれません。

しかし、ジグソーパズルは大人が楽しむだけのものではないのです。ジグソーパズルは元々子どもの教育のために作られたという起源をもっていますが、現代でも「知育玩具」としても高い注目を集めています。

ジグソーパズルは脳にいい?

弊社の代表もそこに注目し、実証実験から学術論文を執筆し、学会発表まで行わせていただきました。ではジグソーパズルは、脳に対してどのような良い影響をもっているのでしょうか。

遊びながら学べるジグソーパズル

大人であれば、隣り合ったピースの形状や色・絵柄等から、そこに当てはまる該当ピースを探す・・・という論理的な思考ができるかもしれません。しかし小さなお子さまにジグソーパズルをやらせてあげると、大人では絶対にとらないような行動に出ます。例えばピースの凸と凸で無理やりはめ込もうとしたり、表と裏を逆にしてみたり、ジグソーパズルの枠の外にピースを置こうとしてみたり。2歳くらいのお子さまは、徐々に自分の手と目の連携が行えるようになり、様々な想像をしながら遊びが行えるようになります。

ジグソーパズルはお子さまの空間認識力を高め、「遊びながら学べる」最高の学習教材なのです。

世界に一つだけの、脳トレパズルを

小さなお子さまは、最初から高難易度のジグソーパズルを組み立てることはできません。最初のうちはご両親と一緒になって、少ないピース数のジグソーパズルから始めると良いでしょう。慣れてきたら、徐々にピース数を増やしていけば、楽しみもドンドン広がっていくはず。

弊社のオリジナルジグソーパズルは、お客様のお写真を使って作り上げる、世界に一つだけのパズルです。子どもの写真、家族旅行の写真等、思い入れの写真が組み上がっていく時は、大人でもドキドキしてしまうはず。親が楽しめて、お子さまの教育にもなるオリジナルジグソーパズル。ぜひ家族でお楽しみください。

ジグソーパズルは脳にいい? 特集一覧

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

オリジナルジグソーパズルを作ってみよう!

あなたの好きなお写真を使って、世界にひとつだけのオリジナルジグソーパズルを作成致します!既製品とは異なり、記念品やプレゼントにも喜ばれる最高の商品を、ぜひご覧ください!

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.