シャフト株式会社

国際民間航空条約(シカゴ条約)

風船を成層圏まで打ち上げ、
地球を背景に撮影する企画

国際民間航空条約(シカゴ条約)

国際民間航空条約(Convention on International Civil Aviation)は、1944年にシカゴで開催された民間航空に関する国際会議において採択された条約のことで、通称はシカゴ条約。日本も1953年に加盟しており、国内の航空法はシカゴ条約に基づいて作られています。

加盟国が一定の条約のもとに航空法を制定しているため、国によって大きくルールが異なることなく、国際民間航空を能率的、かつ秩序あるものにする役割を果たしています。

International Civil Aviation Organization

Convention on International Civil Aviation

Rules of the Air

シカゴ条約とICAO ANNEX(日本ビジネス航空協会)

機体の大きさ、設計時期などによるカテゴリーごとの設計と試験の要件も定められており、予想される運用状態において安全に航行できるものでなければなりません。

通常のスペースバルーンであれば、小型機(5.7t以下)よりはるかに小さい、総重量1kg以下程度のものがほとんどでしょう。国の定める明確な設計図や部品、品質管理体制等があるわけでもないため、かなり特殊な部類です。が、上空にあげる以上はシカゴ条約に則り、機体設計を考える必要があります。

自由気球の分類

ICAOのRules of the Airページには、自由気球の分類として、以下のように定義されています。

1. Classification of unmanned free balloons

Unmanned free balloons shall be classified as:

  1. light: an unmanned free balloon which carries a payload of one or more packages with a combined mass of less than 4 kg, unless qualifying as a heavy balloon in accordance with c) 2), 3) or 4) below; or
  2. medium: an unmanned free balloon which carries a payload of two or more packages with a combined mass of 4 kg or more, but less than 6 kg, unless qualifying as a heavy balloon in accordance with c) 2), 3) or 4) below; or
  3. heavy: an unmanned free balloon which carries a payload which:

1) has a combined mass of 6 kg or more; or

2) includes a package of 3 kg or more; or

3) includes a package of 2 kg or more with an area density of more than 13 g per square centimetre; or

4) uses a rope or other device for suspension of the payload that requires an impact force of 230 N or more to separate the suspended payload from the balloon.

Note 1.— The area density referred to in c) 3) is determined by dividing the total mass in grams of the payload package by the area in square centimetres of its smallest surface.

Note 2.— See Figure A4-1.

Copyright © SCHAFT Inc. All Rights Reserved.