留学時の思い出

語学留学等で海外に行かれた事はございますか?

私は幼少期に海外に住んでいたにも関わらず、英語が話せません。また、大学も英語の学部だったのですが、なんとなく、本当になんとなくヒアリングができる程度といったお恥ずかしいかぎりの実力です。

さて、一つ年下の友人が語学留学で海外に行く事になりました。奥様もいらっしゃる友人ですので何事かと思ったのですが、会社の取り組みの一貫として留学するとの事でした。グローバルな時代ですのでこういった取り組みをしている企業も多いようですね。やはり大手の会社だなと関係ないところも感心してしまいました。

そして友人の語学留学の話を聞いた時にふと自分が大学の時、英語専攻の必須科目のうちの一つとしてホームステイがあった事を思い出しました。

無論飛行機に乗る、海外での滞在費、その他費用は学生持ちですので行けないという人もいます。私も余裕が無く、親に頼むのも気が引けたためホームステイともう1つの必須項目、2つのうちどちらかを選択する際にもう1つの項目を選択したためホームステイはしませんでした。(ちなみに私が選択した必須項目が何かは失念しました)

しかし、ホームステイから帰った友人から話を聞いたり、ステイ先の家のご家族と撮った写真を見るととても楽しそうで羨ましく、無理をしてでも行けばよかったかなと少しその時思ったのを憶えています。

弊社にもそういったホームステイだったり旅行先で撮ったであろうお写真をジグソーパズルにしてほしいというご要望が最近多くなりました。

ご注文いただいたお客様の中には詳しくご事情を説明してくださり「今度日本に遊びに来てくれるからその時に前回ホームステイさせてもらった時の写真をジグソーパズルにしてプレゼントしたいんです」といったお客様もいらっしゃいました。

弊社の商品がご依頼主からお渡しされ、遠い異国の地でもきっとそのご家族に喜んでいただける・・・そう思うだけでとても嬉しくなりました。お客様の思い出をジグソーパズルという別の形に変える事できっとまたホームステイした時の事を思い出していただき、お渡しした方自体も嬉しかったのだろうと思うと、本当にこの仕事をしていてよかったなと思いました。

みなさまもそういった機会がありましたらぜひ弊社のオリジナルジグソーパズルをご検討ください。

これからもみなさまの思い出に携わる大切な仕事なのだという意識を強くもって続けていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。