ニワトリケイジ(布田)

シャフト株式会社の近くにあるため、仕事の打ち上げや懇親会などで、やきとり大吉さんをよく使わせていただきました。が、同店は店主の武井敬二さんが独立され、同じ場所で「ニワトリケイジ」として再出発されました。

布田駅から北上し、旧甲州街道と三鷹通りの交差点から、少しだけ国領方面に歩いた場所にあります。大鵬と、ふむふむひだまりに挟まれた場所にあり、キッチンムカイの真向かいに位置しています。

こちらが店内の雰囲気。

大吉時代と同じで、テーブル5卓とカウンター席で成り立っています。

こちらがメニュー。名称は異なっていますが、提供される料理は、ほぼ大吉時代と同じとのことでした。ただし、お酒の種類は増えています。

つくねと、レバー。

オニマヨ、長ネギ、ぼんじり。

ポテトサラダ。

やきとり丼と、ぶたバラ丼。

汁もんの、鶏がらスープ。

この他にも、色々と注文させていただきましたが、どれも良い意味で大吉時代と変わらず、美味しいやきとりが継承されています。

以前はなかった黒霧島のボトルなどもあり、ボトルキープこそできませんが、呑みきれなかった分は持ち帰りOK。

ちなみに、お店専用の駐車場・駐輪場はありません。かわりに、お店の前に自転車数台程度なら駐輪できます。

  • 店名:ニワトリケイジ
  • 電話:042-486-0636
  • 住所:東京都調布市国領町1-4-3
  • 交通:布田駅から114m
  • 営業:17時~24時
  • 定休:火曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。