オリジナルジグソーパズルの通販

Googleで検索することを「ググる」と言いますが、特定ワードで検索したあと、スペースを入れるとよく検索されるワードが候補としてリストアップされますよね。「ジグソーパズル+スペース」でググると、こういう検索候補が出てきました(2015年11月29日現在)。

  1. ジグソーパズル 通販
  2. ジグソーパズル のり
  3. ジグソーパズル 無料
  4. ジグソーパズル ディズニー
  5. ジグソーパズル コツ
  6. ジグソーパズル オリジナル
  7. ジグソーパズル フレーム
  8. ジグソーパズル アプリ

6番目の候補である「ジグソーパズル オリジナル」なら、もちろんシャフト株式会社のオリジナルジグソーパズルが検索結果の第1位に表示されます。「ジグソーパズル コツ」でも、シャフトのページが10位以内に入っておりました。ですが、今回注目してみたいのは、ジグソーパズルと複合して検索されるワードの1位である、「通販」です。念のため通信販売という言葉をWikipediaで調べてみたところ、

通信販売(つうしんはんばい)は、小売業態のうちの無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法。

とありました。つまり、弊社で販売しているオリジナルジグソーパズルも、ウェブページやパンフレット、スマホアプリ等のメディアを使って商品を展示し、アクセスされたお客様から通信手段でご注文を受け販売しておりますので、立派な通信販売です。

ところが一般的な解釈に基けば、通信販売というのは工場ラインで大量生産された「既成品」の販売といったニュアンスが強いかと思われます。実際、私共もそう感じました。大量ロットで生産すればコストが下がりますので、実売価格も下がり、比較的手を出しやすい商品になるため、販売力があります。それ故、目につきやすく「通販=既成品」といったイメージを先入観として持っていたのかもしれません。

しかし弊社で販売しているオリジナルグッズは、すべてその名のとおり「オリジナル」です。一つとして同じものがない、お客様からお送りいただいた写真を使って、一つから作成するオリジナルグッズです。最も人気の高いのがオリジナルジグソーパズルですが、その他の商品もすべて一つから作成をお請けしております。

ですが、実際にご覧いただくと分かりますが、販売価格も極端に高いものではありません。むしろご注文いただいた方、もしくは話を聞かれた方から、『そんなに安くていいの!?』と驚かれてしまうほどです。

既成品には既成品の良いところもございます。が、お客様のお写真を使ってつくり上げる、世界に一つだけの商品というのは、何物にも代えがたい最高の想い出です。

オリジナルジグソーパズルの通販」を行っているシャフト株式会社も、ぜひご注目ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。