そろそろ梅雨入りです

皆様衣替えは終わりましたでしょうか。私は4月の中旬頃、早々に行ってしまったため多少肌寒い時に困ってしまいました。草が芽吹いて、桜が咲いて、衣替えをして・・まだ少しだけ先の話にはなりますが、梅雨がやってきます。梅雨のイメージというと

  • ジメジメしている
  • むしむししている
  • 洗濯物が乾かない
  • 濡れるため出かける際の服装に困る
  • むわーっとした独特な匂いがする

などあまり良いとは言い難いイメージが多いのではないでしょうか。しかしこの梅雨は作物にはなくてはならない大切な時期であり、また、雨が降る事により仕事がある、仕事が増えるといった方もいらっしゃるため【嫌だ、なくなればいい】とは言えません。それでも上述の点がある事も確かです。実際にそういったお仕事に関わっていらっしゃらない方はそこまでポジティブに捉える事は難しいでしょう。そこで梅雨の時期を楽しめるよう梅雨のイメージでのジグソーパズルをご提案いたします。

梅雨の代名詞とも呼べるものといえばやはり紫陽花(アジサイ)でしょうか。独特の形で自然に群生している事もあるため、花に詳しくなくても知らない方はいらっしゃらないであろう、桜に引けをとらない日本人が昔から愛している花だと思います。俳句や短歌、和歌等でも詠まれている事が多いです。雨がしとしとと降っている中でどんっと存在感をはなち、見るものを楽しませてくれるお花です。私は東京に住んでいるのですが【あじさい寺】というのは鎌倉にある明月院というお寺の事だと思っていました。しかし【あじさい寺】や【アジサイ寺】と呼ばれるお寺は全国各地にあるようです。お寺でなくとも公園や○○の里・・といったかなりの数の名所があることを調べていてはじめて知りました。一軒家のお庭や公道等にも植えられているほど身近な存在であったため、あまり意識をしていなかったのだと思います。

また、嫌なイメージだとお伝えはいたしましたが、私は雨上がりの空気の匂いは嫌いではありません。なんというか独特な、形容しがたい匂いが結構好きです。カラッと晴れたりすると地面や草花もキラキラと光りとても美しい光景だと思います。

さて、少し話がそれましたがこの日本人が愛する紫陽花、それに雨のイメージでオリジナルジグソーパズルを作るご提案をしたいと思います。

まずはオーソドックスに。

紫陽花1

いかがでしょうか。インパクトのある花ですので大きめに捉えるとなお一層ジグソーパズルにした際のインパクトが強いですよね。

紫陽花2

次にこちら。自然と文明が共存している素敵な構図だと思います。線路脇に生えているのか、植えたのか・・・。電車に乗っていて外を眺めて紫陽花が見えたら梅雨でもちょっと嬉しくなります。踏切内は危ないのでルールを守って気をつけて撮影してください(笑)。

こども

こちらは子どもと紫陽花です。カラフルなレインコートと薄紫の紫陽花がとても印象的な画像です。多少暗めではありますが、梅雨のイメージが良く出ているかと思います。必要な際は若干明度補正を行い、画像を明るめにすることも可能です。おじいさん、おばあさんにプレゼントしても喜ばれるかなと思います。

地面

葉っぱ

最後にこちらの2枚です。1枚目は雨上がりでしょうか。地面にたまった水に空が映りこみ、心が晴れ晴れとするようなジグソーパズルが出来上がるかと思います。最後の1枚は緑と雨の独特な匂いが漂ってきそうな1枚です。右上にさりげなく文字入れをしてみました。

このように嫌だなと思う季節も視点を変えてみると素敵な季節になることがあるかと思います。皆様、素敵な梅雨をお過ごしいただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。